体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【期間限定ショップ】渋谷で「オリジナルQTTA」を食ってきた!【レポート】

ダウンタウン・松本人志のCMでもおなじみのカップ入り即席麺「MARUCHAN QTTA(クッタ)」(東洋水産株式会社)

3月26日、これまでのシリーズに加えて「CURRYラーメン」が新登場。さらには既存の3品「SHO-YUラーメン」「SEAFOODラーメン」「TONKOTSUラーメン」の麺の重量が60グラムから66グラムへと大増量。さらに、それぞれ美味しくバージョンアップされ、より「食った感のある味わい」になったという。

「CURRYラーメン」も、もちろん大満足の66グラム

15日、その期間限定ポップアップショップ「#QTTAshibuya(ハッシュタグ ・クッタ・シブヤ)」がオープン。 この店では、あらゆる具の中から自由に選んで食べることができる。

12種類のフレーバーの中から最大4種類チョイスできる

そんな記念すべきオープンに先駆け、ショップの1日店長に就任したお笑いコンビ・メイプル超合金が、同じように、それぞれ自由にカスタマイズしたスペシャルラーメンを試食。 カズレーザーは、「SHO-YUラーメン」をベースとして、「ポークミート」「鶏団子」「えび」「たまご」を選択して食べていた

安藤なつは、「TONKOTSUラーメン」を基本として、「えび」「いか」「かに風味かまぼこ」「ほたて風味かまぼこ」をチョイス

自分で作った「QTTA」を一口食べた瞬間、カズレーザーは「これ、これ!」と絶賛。他のフレーバーも試したいとし、「毎日通うしかない」と太鼓判を押した。

また安藤は、「クリーミーなとんこつスープに、シーフードが合う!」と、これまたベタ褒めしていた。 続いて2人は、実際のショップで接客。ひっきりなしに来る行列にも笑顔で対応していた。 それでは実際に、この店での食べ方を説明しよう。まずは店頭の自販機で「SHO-YUラーメン」「SEAFOODラーメン」「TONKOTSUラーメン」の中から150円で1つ選択し、購入。 もともとのベースとなる「QTTA」の中身はプレーン。だが、これだけでも十分美味しいことだろう。

ここに、「チョップドオニオン」「ローストガーリック」「キムチ」「ねぎ」「ポテトフライ」「たまご」「かに風味かまぼこ」「ほたて風味かまぼこ」「いか」「えび」「鶏団子」「ポークミート」といった12種類の中から最大4種類が選べる。もちろん、「えび」だけとか、「鶏団子」だけ入れることもできたりする。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。