体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現地の暮らし、人のやさしさ、“ひとり時間“の使い方…旅で得た気付きが自分を変えてくれた / 長沼茂希インタビュー

現地の暮らし、人のやさしさ、“ひとり時間“の使い方…旅で得た気付きが自分を変えてくれた / 長沼茂希インタビュー

TABIPPOのプランナーである長沼茂希。2015年にTABIPPOにジョインしてからおよそ3年間、データ分析やPR、SNS、コンテンツ編集など幅広い領域を担当してきた。

旅から何を感じ、旅をしている間はどのようなことを考えているのか?旅のほかに興味があることは?など、その心のうちを詳しく聞いてみました。

現地の暮らし、人のやさしさ、“ひとり時間“の使い方…旅で得た気付きが自分を変えてくれた / 長沼茂希インタビュー

長沼 茂希

旅好きのメガネ好き。
2015年にジョイン→TABIPPOのPR/SNS/Editor/マネタイズなど担当。社内では潤滑油的な立ち位置。廃墟とハリボーとブラックサンダーが好きな井上雄彦ファンです。バスケもします。

 

――はじめてお会いしたとき、「そんなに旅の経験が豊富なわけではなくて」とおっしゃっていたのが印象的でした。旅をはじめたきっかけは、どんなことだったんでしょうか。

もともと国内旅行は好きでしたが、海外には興味がなくて。

初めて海外に行ったのが、大学3年生の2月、大学の同期たちと7人くらいで行ったハワイでした。それも、ハワイの学会に参加する指導教授の同行という形だったので、観光はあくまで“おまけ”。

これが正直、期待していたほど楽しくなくて。「ハンバーガーがデカい!」なんていう大学生らしい驚きはあったものの、日本語が通じるし、これなら沖縄と大差ないのかなと思ってしまいました。

――不完全燃焼だったハワイ。そこで海外への道は完全に断たれそうなものですが…。

僕の旅体験を変えてくれたのが、大学4年生の夏、遺跡を見たくて訪れたカンボジアでした。

道は舗装されていないし、ストリートチルドレンに取り囲まれるし、初めての体験だらけ。「飛行機でたった5時間ほど行ったところに、テレビで見た世界があったなんて!」と衝撃を受けました。

――カンボジアの半年後は卒業旅行シーズンですよね。卒業旅行も海外ですか?

卒業旅行は、ペルー・ボリビアとスペイン。

ペルーとボリビアは、ある旅人コミュニティで同行者が募られていた、10人ほどのグループ旅行に参加する形でした。宿や交通手段をシェアできるのがメリットです。

実は僕は、人付き合いに積極的なほうではなくて。初対面の人と旅するなんて、考えたこともありませんでした。それでもその旅はとても快適なものだったんです。年齢もバラバラで、共通点があるわけでもない人たち。「ウユニ塩湖やマチュピチュを見てみたい」というだけでつながっている――たったそれだけなのに、こんなにも心地いい関係性を築けるんだという驚きと発見がありましたね。日本で出会っていたら仲良くなっているかはわからないほど統一感のないメンバーだけど(笑)、いまでも彼らとは交流があります。

南米の後いったん帰国して、友人3人と1週間ほどスペインに行きました。
建築が好きなので、ずっとあこがれていた国のひとつ。
単独行動あり、サッカーあり、ハプニングあり、で、これも印象的な旅でしたね。

一番好きな国を聞かれたら、スペインと答えます。

みんな昼間からお酒を飲んでいて、若者の失業率が40%超だなんて信じられないほど陽気で。サッカーのゲームがある日はスポーツバー以外のお店が閉店しているのも、おもしろかったですね。10万人規模のスタジアムが埋まる国ですから。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。