体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『スパイダーマン』のスピンオフ作品『ナイトウォッチ』に、スパイク・リー監督が交渉中

『スパイダーマン』のスピンオフ作品『ナイトウォッチ』に、スパイク・リー監督が交渉中

スーパーヒーローものの”スパイク・リー・ジョイント”が見られるかもしれない。「The Hashtag Show」が報じたところによると、ソニー・ピクチャーズは『スパイダーマン』のスピンオフ映画『ナイトウォッチ』の監督として、スパイク・リーと交渉中だという。そして脚本は、ドラマ「ルーク・ケイジ」の制作総指揮者、チェオ・ホダリ・コーカーが執筆。1993年にマーベル・コミックに初めて登場アフリカン・アメリカンの科学者、ドクター・ケビン・トレンチがスーパーヒーローに変身するストーリーとなっている。

スパイク・リーは1986年の『シーズ・ガッタ・ハヴ・イット』でデビューして以降、ハリウッドで有名な黒人映画製作者となっている。ちなみに最近、彼は同デビュー作をNetflixのドラマシリーズ向けに脚色。そして現在はKKKに潜入したアフリカ系アメリカ人の刑事の実話に基づいた『Black Klansman』(原題)に取り掛かっている。

ソニー・ピクチャーズは多数の『スパイダーマン』スピンオフ作品を展開。今年12月に日本公開予定のトム・ハーディ主演『ヴェノム』、そして、ジーナ・プリンス=バイスウッド監督の『Silver & Black』(原題)が2019年2月にアメリカで公開予定となっている。1993年にマーベル・コミックに初めて登場した『ナイトウォッチ』だが、おそらく『ブラックパンサー』の大ヒットがソニー・ピクチャーズの黒人スーパーヒーローの映画製作意欲を加速させたのだろう。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

マーゴット・ロビー、惨殺された故シャロン・テート役でタランティーノ監督新作に出演交渉中
『ブラックパンサー』、公開26日目で世界興行収入10億ドルを突破!
ジョーカー単独映画で描かれるのは、80年代の落ちぶれたコメディアン!?
スーパーマン俳優ヘンリー・カヴィル、自分が死んだという誤った検索結果に反応
ジェニファー・ローレンスが親友エマ・ストーンを指さして笑う動画が話題に

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。