体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カメラを向けて情報収集できる「Google Lens」、iOSでも使えるように

花にスマホのカメラを向ける。すると花の名称を教えてくれる。コンサートの案内をカメラに写す。すると、コンサートチケット販売サイトなどを案内してくれる。

そんな使い方ができる情報検索アプリ「Google Lens」はAndroid携帯で先行していたが、iOS端末でも使えるようになる。Googleがこのほど発表した。来週にかけて順次展開していくという。

・カメラを向けるだけ

このアプリでは、人工知能、文字認識、機械学習という先端技術をフル活用している。

とにかく、ユーザーはアプリをダウンロードしてスマホのカメラを気になるものに向けるだけ。すると、アプリが被写体に関するさまざまな情報を集めてくれるのだ。

・アシスタント的にも使える

例えば、外国に行った時にメニューをカメラでとらえて翻訳機的に使うこともできれば、初めて食べる料理を写してその料理がどんなものかを調べることもできる。

また、名刺を写し出すと、そこにある住所や電場番号などをとらえて連絡先に追加できるなど、アシスタント的にも使えそうだ。

人工知能や機械学習を活用しているので、使えば使うほどに利便性は高まるとみられ、文字入力での検索をしのぐ便利さになる可能性は十分ありそうだ。

Google Photos/Twitter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。