体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美術館でお花見! 「桜がテーマ」のオススメ展覧会

美術館でお花見! 「桜がテーマ」のオススメ展覧会
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASSPORT」。3月13日(火)のオンエアでは、都内で開催される桜がテーマの展覧会情報を紹介しました。

■博物館でお花見を:3月13日(火)〜4月8日(日)

上野にある東京国立博物館の、春恒例の人気企画。今年は3月13日から4月8日まで開催されます。本館各展示室では絵画や陶磁器、意匠など、桜をモチーフにした名品を展示。春と秋に公開している庭園では、この時期10種類に及ぶ桜が楽しめます。他にもギャラリートーク、コンサートなど、当日参加もOKなイベントも。

毎年展示しているのは、狩野長信による国宝の「花下遊楽図屏風」。17世紀の江戸時代、満開の桜の下で花見で楽しむ人々の絵を描いています。

3月19日は休館日。庭園の開放は5月20日まで。庭園ではライトアップもあるそうなので、詳細は公式サイトでご確認ください。

■美術館の春祭り:3月23日(金)〜4月8日(日)

次に紹介するのは、東京国立近代美術館で行われる「美術館の春祭り 2018」。MOMAT コレクションでは桜を描いた作品を展示します。こちらの美術館はガイドプログラムも充実しており、ガイドスタッフと参加者が対話しながら、作品の謎解きをするような鑑賞体験を楽しめます。会期は3月23日から4月8日まで。

■桜 さくら SAKURA:3月10日(土)〜5月6日(日)

最後は山種美術館の企画展「桜 さくら SAKURA 2018」。山種コレクションの中から桜が描かれた作品を厳選し、60点ほど展示します。これは6年ぶりの企画だそうです。様々な視点から描かれた桜を楽しめます。こちらは5月6日までの開催です。

※すべての展覧会について、休館日などの詳細は各美術館の公式サイトでご確認ください。

今年、東京では3月19日が桜の開花予想日となっています。絵でも楽しめる桜もあわせて、春のお花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。