体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

白バイは走り方を見て取締り危険度が判別できる

白バイは走り方を見て取締り危険度が判別できる

白バイが所属する交通機動隊は交通違反を専門に取り締まる部署。中でも白バイ隊員はその精鋭ともいえる存在です。交通の流れやドライバー心理を深読みしながら、交通違反を検挙しています。そんな白バイが2台1組で走行していたら要注意。効果的な交通違反の取り締まり方法を新人に教育中だからです。

白バイが2台1組ならレッスン中

ドライバーが最も恐れる白バイ。中でもツワモノ揃いの交通機動隊の白バイは基本的には1台で行動しています。もし2台1組で走っている白バイを見かけたら、それは新人の教育中です。

毎年3月と9月に入隊する新人は、そこから半年は先輩と一緒に行動して教育を受けます。半年経って1人立ちした頃にまた新人が配属されるので、隊としては常に2台1組で行動しているグループがあるということです。

白バイ隊員には月間の“目標件数”というものがあります。新人は100件など、若い隊員ほど多く割り当てられるのです。ただし、新人は2台1組で効果的な捕まえ方を教わりながら行動するので、件数は上がっていくといいます。

すなわち、白バイが2台1組で走っていたら、それは先輩が新人に効率的な取り締まり方法をレッスン中ということ。いつも以上に、交通違反に気を付けなければならないということです。

白バイが隠れている場所は注意する

加えて、注意すべきは月末に躍起になって動いている白バイ。というのも、教育係は新人の相手をしている時間は自分の件数が上がらないため、1人になった時に必死になって件数を稼がなければならないからです。

月末になって余裕で流している白バイは件数を達成している隊員。逆に原付ばかりを捕まえている白バイは、目標件数に足りていない隊員というわけです。

また、よく白バイが隠れている場所も交通違反の注意ポイント。白バイ隊員はそれぞれ独自の“狩り場”を持っていて、ベテランほどいい狩り場を持っています。すなわち、白バイが隠れる場所は交通違反の多発する場所というわけです。

主がいる時は他の隊員は使えませんが、休みや非番の時はこっそり借りて取り締まりを行います。同じことを考える隊員は必ずいて、気心知れた相手だとお互い目標件数が足りないのも分かっていて、2台で話し合って交互に捕まえたりするのです。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。