体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ACIDMAN 3.11震災後7年連続となる福島公演で感極まる

ACIDMAN 3.11震災後7年連続となる福島公演で感極まる

 ACIDMANが、2018年3月11日に福島・いわき芸術文化交流館アリオス中劇場で【ACIDMAN LIVE in FUKUSHIMA 2018】を開催した。

ACIDMAN ライブ写真(全5枚)

 このイベントは、ACIDMANが2012年から毎年3月11日に恒例として行っているライブ。毎年、ライブの収益は全額、福島の復興支援団体に寄付されている。

 即日完売となったこの日のライブの1曲目は、静かで優しい曲調からラストは力強いバンドアンサンブルと共に「何を手に入れた?」と繰り返し問う代表曲「リピート」。中盤では久々の披露となる「彩-SAI-(後編)」、続くインディーズ時代の楽曲「酸化空」では大木(vo,g)が感極まる場面も。観客からは鳴り止まない拍手が送られた。終盤にはニューアルバム『Λ(ラムダ)』から、映画『犬猿』の主題歌ともなっている「空白の鳥」も初披露。ラストは「幸せだったかい?」と故人に想いを馳せる楽曲「愛を両手に」で締めくくられた。

 「皆にとって3月11日が、悲しみの日であり、最高の楽しい日であって欲しい」という大木のMCの言葉にあるように、3月11日という特別な日に、壮大な世界観と共に生命を歌うACIDMANと、その日福島に集まるオーディエンスの想いが詰まった素晴らしい1日となった。

◎リリース情報
映像作品『ACIDMAN 20th ANNIVERSARY FILM “SAI”』
2018/03/28 RELEASE
<初回限定盤(Blu-ray2枚組)>
TYXT-19013/4 / 7,560円(tax in.)
<初回限定盤(DVD2枚組)>
TYBT-19023/4 / 6,480円(tax in.)

関連記事リンク(外部サイト)

ACIDMAN 主催フェス【SAI】映像作品のティザー映像解禁
ACIDMAN 主催フェス【SAI】映像作品化! 2マンツアー密着&Zepp Tokyoライブ映像も
ACIDMAN、新曲「空白の鳥」が映画『犬猿』主題歌に決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。