体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見た目ほとんどエイリアンな間接照明。

見た目ほとんどエイリアンな間接照明。

まるでSF映画に出てきそうな、ちょっとファニーなデザイン。

「Alien Torchere」と名付けられたこのランプは、まるであなたの家に迷い込んだ宇宙人のよう(でしょ?)。SFファンの人は何だか懐かしい気持ちに駆られ、子供部屋においてもきっと可愛い!(コワいかw)

おトボけな見た目だけど、
以外と実用的。

見た目ほとんどエイリアンな間接照明。

何と言っても特徴は、その形と青いインレイ。

部屋に青い照明って、なかなか取り入れる機会がないと思いますが、パッと目を引くアイテムがひとつあるだけでインテリアの雰囲気がガラッと変わってリフレッシュできそう。見た目ほとんどエイリアンな間接照明。 明かりを灯すとこんな感じ。照明部分がカバーされているので、優しい光が部屋の一部を照らし出します。ウッディーな印象もやわらかさを強調して◎。見た目ほとんどエイリアンな間接照明。見た目ほとんどエイリアンな間接照明。 見知らぬ宇宙人が薄明かりで出迎えてくれる。なんて雰囲気がアリな人向け。見た目ほとんどエイリアンな間接照明。

「Alien Torchere」はまだ商品化はされていないようですが、これから実用化され、SF好きの部屋を飾る日もそう遠くはないかも。日々にちょっと新鮮なアクセントが欲しい、“未知との遭遇”を楽しみたいという人に、おすすめしたい間接照明でした。Licensed material used with permission by Dmitry Grigoriev and Alexey Zudin

関連記事リンク(外部サイト)

開くと間接照明、閉じるとリビングライトになる「inMOOV」
「水平線に沈みゆく夕日」を室内で。
ソーラー式の間接照明「Ellum Solar」 コンパクトで便利そう!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy