体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノルウェー発。新たな「シェアバイク」になりそうなアイデア。

ノルウェー発。新たな「シェアバイク」になりそうなアイデア。

どこか所有に対する意識が変わってきたのでしょうか。もしくは、環境に対する意識が強まってきたのかもしれません。

いずれにせよ、日本でもシェアカーやシェアバイクをよく見かけるようになりました。

話は変わって、ノルウェー企業が開発した「Podbike」。

小型自動車のような見た目をしているけど、これは電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出すようです。

そして、パーキングをするときには専用のボックスに4台まで収納可能といいます。

ちなみに、駐車場の役割を果たす箱の上部にはソーラーパネルが付いているので、自動で充電をしてくれるそう。

つまり、街中に駐車場を設置するスペースがあれば、シェアバイクのように使えるのではないでしょうか。開発した企業は、個人に向けても販売しているようですが…。

自転車のデメリットを解消!

ノルウェー発。新たな「シェアバイク」になりそうなアイデア。Photo by Podbike®ノルウェー発。新たな「シェアバイク」になりそうなアイデア。Photo by Podbike®

自転車は天候に左右されるのがデメリットでしたが、「Podbike」ならその心配もなさそうです。車に劣るとはいえ、安全性も比較的確保できそうですし。Licensed material used with permission by Podbike®

関連記事リンク(外部サイト)

日本最高額の資金を調達した「電動バイク」の正体
ノルウェーの「海底レストラン」に、いま世界中が注目している。
どれだけ走ってもCO2が増えないバイクの仕組み

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。