体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

引っ越しの不用品をメルカリで高く売るコツをネットオークションの達人に聞いてきた

フリマ&オークションでいらない物を売ろう!

引っ越しは使わない物を処分する一大チャンス。でも、ゴミとして捨てるのはもったいない! フリマアプリやネットオークションで売れば、運搬にかかる費用が節約できるうえに、引っ越し代の足しにもなって一石二鳥。

今回は、不用品を売ってお金に換えるテクを、ネットオークション歴14年の達人・川崎さちえさんに聞いてきた。
引っ越し時にいらないものを売ろう!|引っ越しの不用品をメルカリで高く売るコツをネットオークションの達人に聞いてきた

引っ越し時にいらないものを売ろう!不用品=利益を生む商品捨てる前にまず出品を!

「大事なのは、売れるか売れないかを自分で決めないこと。どんな物でも試しに出品してみると、欲しいと言ってくれる人が意外といるんです」と話す川崎さん。

引っ越しのタイミングで処分を検討するアイテムもたくさんあるはず。ゴミとして処分するには費用がかかることもあるけれど、メルカリやヤフオク!で売れば利益になる。

「家にあるいらない物を売るだけで、4人家族で10万円くらい、一人暮らしでも3〜5万円くらいの儲けが出ると思いますよ」と川崎さん。引っ越し代の足しとしては十分な額だ。

まずは、新居に持って行かない不用品を探そう。

半年以上使っていない物は処分を検討。しばらく着用していない洋服や靴、積ん読状態の本、使わなくなったキッチングッズや健康器具、昔集めていたキャラクターグッズなど、心当たりがある物が見つかるのでは? また、一見ゴミでも、誰かにとっては価値があるかもしれない。

「以前、着なくなった子ども服をヤフオク!で10着まとめて500円で出品したら、最終的に3,000円になったことも。自分にとってはゴミでも、誰かが欲しいと思うかもしれない。だから、どんな物でも試しに出品してみることをオススメします。使い古したタオルのセットや大量のコルク栓なども売買されていますよ」(川崎さん)

とはいえ、フリマやオークションで稼ぐためにはコツが必要。川崎さんにメルカリで商品を売って、利益を出すためのコツを教えてもらった。不用品の見極めポイント衣替え、引っ越しを機に持ち物を見直す

衣替えや引っ越しのタイミングは、いる物・いらない物を見極める絶好のチャンス。自分の持ち物を見直し、必要な物だけを残して処分し、部屋をすっきりさせよう。半年使わない物は手放す

半年間使っていない物は今後も使わない可能性が低いと考えて、手放すことを検討して。本棚にずっとある本、しばらく着ていない服、滅多に使わない物などは売ってしまおう。新しい物を買ったら古い物を手放す

新しい物を買ったら、古い物を使う機会は減るはず。部屋に置いておいても邪魔になるだけ。1つ買ったら古い物を処分するようにして、物を循環させよう。メルカリで売る時の値段のつけ方販売手数料と送料を考慮して価格を設定しよう

販売価格の10%が手数料として引かれることと、送料込みで出品する場合はその金額を考慮して価格設定を。値下げ交渉をされることも想定しておくと○。「未使用品を売る場合は、送料込みで定価の2〜3割の価格設定がオススメ」(川崎さん)相場をリサーチ

まずは商品の公式サイトやAmazonなどで商品の定価を調べる。そして、メルカリ内で同様のアイテムが出品されているかをチェック。他よりちょっと安くする

同様のアイテムが出品されている場合は、他よりも1円でも安い金額で出品しよう。「999円」など安く見える金額に設定するのも手。やり取りの注意点購入希望者からのコメントをすばやくチェック

商品の問い合わせや値下げ交渉など、購入希望者から届くコメントをチェック。コメントは他のユーザーからも見られるので丁寧な対応を心掛けて。商品の取り置き=「専用出品」を頼まれた場合は、アイテム写真とコメント欄に「専用出品」と追記。配送方法は全国一律送料の配送サービスを選ぼう

メルカリで使える配送方法は下記表の通り。

商品が売れるまで配送先がわからないため、全国一律価格のサービスを選ぶと安心。メルカリオリジナルの配送方法「らくらくメルカリ便」(A4サイズで195円〜、60サイズ未満で380円、それ以上はサイズによって金額変動)や「普通郵便」、「レターパック」などがよい。
メルカリで使える配送方法|引っ越しの不用品をメルカリで高く売るコツをネットオークションの達人に聞いてきた

1 2 3 4次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。