体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BiS、BiSH……話題のアイドルを手がけるプロデューサー・渡辺淳之介さんに聞く「学生時代の失敗からの大逆転」

BiS、BiSH……話題のアイドルを手がけるプロデューサー・渡辺淳之介さんに聞く「学生時代の失敗からの大逆転」 BiS、BiSH……話題のアイドルを手がけるプロデューサー・渡辺淳之介さんに聞く「学生時代の失敗からの大逆転」 BiS、BiSH……話題のアイドルを手がけるプロデューサー・渡辺淳之介さんに聞く「学生時代の失敗からの大逆転」

「楽器を持たないパンクバンド」であるBiSHや「新生アイドル研究会」をコンセプトとするBiSなど、既存のアイドルの枠組みを飛び越えるようなアイドルを手がけるプロデューサー、渡辺淳之介さん。過激なMVやメンバーのレンタル移籍、合宿型オーディションの生中継など、奇想天外なプロモーション企画で数々の話題を呼んできました。そんな渡辺さんは、不登校による高校中退から早稲田大学現役合格を果たし、就活失敗から有名プロデューサーになるなど「失敗からの大逆転」を果たしています。あきらめずに夢を現実にした体験や「好きなことを仕事にする」ために必要なことを伺いました。

BiSH / My landscape

 

音楽に夢中になりすぎて失敗した学生時代

 

――渡辺さんは高校を中退した後、大学入学資格検定(現・高等学校卒業程度認定試験)を受けて、早稲田大学へ入学されたんですね。

そうですね。自由な学校だったので、馴染めなかったわけじゃないんですけど、遊ぶのに夢中になっちゃって。僕の場合、引きこもりじゃなくて「出ずっぱり」の不登校生で学校には行ってないけど、バンドやってたし、いろいろと悪さもしたし、「もう学校には来ないでくれ」ということになりまして(笑)。

でも、その頃から音楽業界には行きたかったので、「いい会社に就職するためには早稲田大学だ」と、赤本(過去問題集)を勉強して傾向と対策をしっかりやりました。たとえば英語だと、MARCHレベルなら文法や単語をしっかり覚えないと受からないんですけど、早稲田は長文読解問題がメインなので、毎年だいたい問題の傾向が似通ってるんですよ。だから僕、英語は満点近く取れましたからね。

――大学ではどんなふうに過ごしていたのですか?

がんばって大学に行ったはいいものの、そもそも学校が嫌いだったんですよね(笑)。だから、講義もほとんど受けなかったし、友人や後輩に助けてもらいながら、なんとか6年で卒業しました。当時培った「周りから助けてもらえる環境づくり」は、今でも仕事に役立ってます(笑)。

その頃から、アルバイトというよりはもうちょっと本格的に働くようになって、レコーディングスタジオに勤めるようになりました。結局そのまま音楽の世界に入ることになったんですけど、就活のときに一度失敗してるんですよね。

 

「ありのままの自分」で挑んだ就職活動で玉砕

BiS、BiSH……話題のアイドルを手がけるプロデューサー・渡辺淳之介さんに聞く「学生時代の失敗からの大逆転」

――就職活動での失敗、というと?

希望する企業に入れなかったんです。レコード会社やテレビ局、出版社、広告代理店などエンタメ・マスコミ系企業を受けました。テレビ局のインターンには受かり、ドラマ班に配属されて、当時の同期が20人くらいいたんですけど、結局僕だけ、どの大手企業にも引っかからなかった。

大学受験のときにはあれだけ「傾向と対策」をやったのに、なんで就活でもそれをやらなかったんだろうと思うんですけど、「音楽が好き」だからこそ、「ありのままの自分でいい」と思っちゃったんですよね。それが間違いだった(笑)。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。