体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

外はカリッ!中はトロトロの「針ネズミカスタードまん」

3月15日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、東京・池袋のチャイナタウンを散策し本格中華を食べ尽くす特集で、「茶館・池袋店 」(東京都豊島区)が紹介された。

同店は、JR池袋駅・西口から徒歩2分程にある中華料理店。まるで中国にいるかのような雰囲気の店内で本格的な飲茶を味わうことができる。

番組では、お店のメニューとして「約80種類料理食べ放題」(2,700円)を紹介。エビチリやシュウマイなどの点心をはじめ約80種類以上の料理を味わうことができる。中でも一際目を引く点心なのがパンダの形をした「パンダのあんまん」だ。中にはしっとりした中華あんが入っている。大和田美帆さんが「パンダのあんまん」を頂くと「皮がやわらかくてモチモチですね~。これは美味しい」と絶賛。子供に人気というメニューが「針ネズミカスタードまん」だ。針ネズミの形をした可愛らしい一品で中にカスタードが入っている。大和田さんが「針ネズミカスタードまん」を頂くと「周りが揚がっているからカリッとしてフワッとしてトロっとしたカスタードが最後に来て全部合わさって美味しい!」と絶賛していた。

店員が目の前で入れる「中国茶」(330円~)はジャスミン茶、プーアール茶、菊花茶、凍頂烏龍茶など13種類から選べる一品で、お湯を注ぎ足すことでおかわりが可能なのだそう。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:茶館 池袋店 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:池袋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:池袋×中華のお店一覧
熟成させた生ハムが味わえる「生ハムとトレビスのパスタ」
キノコとトリュフが香る「ホワイトシチューハンバーグプレート」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。