体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽って楽しい!と思ってほしい。兄妹でニコニコ笑顔になれるリトミック

f:id:akasuguope01:20171220082702j:plain

私には2人の子どもがいます。私はもともと音楽が好きでリトミックに興味がありました。

上の子の息子は4ヶ月くらいの時にリトミックに興味を持ち、ベビーリトミックや、ミュージックセラピーなど音楽系の講座に参加したのですが、息子は人が集まる空間が苦手、そして音にも敏感で嫌いな音だと泣きわめく、そんなことが続きリトミック講座に行くのは諦めていました。 関連記事:全力で部屋から逃走!憧れのベビーリトミック…参加を諦めました

しかし、下の娘は音楽がかかると笑顔になることが多くありましたので、娘が6ヶ月になった頃、リトミックに再度挑戦してみることにしたのです。

息子の時とは違い、人がたくさんいるとニコニコ楽しそうな娘、音楽がかかると身体を揺らして喜ぶ娘。それだけで私も心がウキウキするような感じがしました。息子の時には感じられなかった気持ちです。

リトミック講座に参加し始めた頃はニコニコしながら身体を揺らして楽しんでいただけでしたが、何度か行くうちに手拍子のタイミングなどを覚えており、1歳になる頃には何となくですがリズム打ちもできるようになりました。

曲の中で太鼓がなるタイミングも分かっており、その音と同時に「ドーン!」と声に出すようになり驚きました。

音楽の力、繰り返しすることの大切さを実感した瞬間です。

最初は、私が娘の手をとり、叩いていただけなのに自分でリズムを感じるようになるなんて本当に驚きました。

リトミックに参加するようになり、私の意識もさらに音楽に向くようになりました。

家でも打楽器を使って曲に合わせて演奏することを続けていると、同じように娘は自然にできるようになってきたのです。 関連記事:生後6ヶ月から親子リトミックに参加!歌とダンス以外のいい影響も♪

そして、息子にも嬉しい変化がありました。

娘の楽しそうな姿、私と一緒に手遊びをしている様子を見て自分もやりたくなったのか、一緒にやるようになってきたのです。今ではニコニコ笑顔で兄妹でリトミック、音楽を楽しんでいます。音楽って楽しい、そう思えるようになるきっかけになりました。

もう一つ、同じ位の母親が集まるうちに、私も自然とほかの人とお話をするようになりました。親子で笑顔で音楽を楽しんでいる場所なので、とても話をしやすい雰囲気というのもあったと思います。

これからも参加し続けたいです。

f:id:akasuguope01:20171220082048j:plain

著者:もも

年齢:38歳

子どもの年齢:1歳、3歳

おとなしくて真面目なお兄ちゃんとお転婆で愛嬌たっぷりの妹の2児のママです。毎日忙しいですが楽しく充実しています。普段は上の子が幼稚園なので、休みの日はイベントを探し色んなところに出かけています。子どもとのかけがえのない毎日を大切に過ごしていきたいと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

9歳、6歳、2歳の年の差兄弟。小学生の習い事や授業参観のとき、下の子は?
全力で部屋から逃走!憧れのベビーリトミック…参加を諦めました
ベビーリトミックに行ってみた!ママと赤ちゃんが音に合わせて楽しくスキンシップ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy