体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2.5倍サイズにイースター用、変わりチョコボール『大玉チョコボール<ピーナッツ>ホワイト/チョコボール<カスタード味>』が楽しい!

クエッの鳴き声が特徴の鳥類キャラクター・キョロちゃんでおなじみの「チョコボール」。キョロちゃんとともに1969年に正式商品化したので、キョロちゃんももうすぐ50歳。歴史の中で様々な変わり味を出してきたが、今回は2.5倍サイズの『大玉チョコボール<ピーナッツ>』『チョコボール<カスタード味>』を紹介したい。

幼い頃の妄想・大きなチョコボールが現実になった大人向けチョコボール『大玉チョコボール<ピーナッツ>ホワイト』

自分が成長したなと感じるのは、久々に帰った実家で見る親の小さな背中と、昔より小さく感じるチョコボールのサイズ。比率的に手も大きくなっているわけで、小さく感じるのは当然。森永製菓『大玉チョコボール<ピーナッツ>ホワイト』(56g・希望小売価格 税抜160円・2018年2月20日発売)は、体積にして2.5倍の大きさに仕上げた大人に向けたアピール感の強い製品だ。

もちろん通常の黒色タイプ『大玉チョコボール<ピーナッツ>』もあるのだが、とかく冷遇されがちなホワイトチョコレートをまとっているので、こちらを紹介。2.5倍と聞いて相当でかいものがパッケージから出てくるかと思いきや、そうでもないと感じてしまうのは前述の理由のせい。大人になっても継続して食べ続けている人なら、素直に大きいと感動できるのだろうが。

さらに体積が、という点にも留意したい。直径でいうと大玉=直径20mm、通常=直径14mmなので比べて見ないと実感が湧きにくいところだ。

では『大玉チョコボール<ピーナッツ>ホワイト』を食べてみよう。チョコボール好きにはピーナッツ派とキャラメル派が存在するが、これはピーナッツ路線。でかい白い玉をパクリ。ほんわかしたミルク感を蓄えたホワイトチョコレートが実に美味しい。奥歯でクラッシュした後は、カリカリのクリスプ層ととともにピーナッツのカリッが登場して、実に楽しい。これは止まらなくなる。

あえて弱点を言うならば、チョコボールのアイデンティティーとも言うべきくちばし付きの箱でないところか。ただレアな「金のチョコ玉」が入っている可能性も…。

 

 

白いボールの中にカラーシュガーが埋まっているイースター感みなぎるお楽しみタイプ『チョコボール<カスタード味>』

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。