体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シド、新ヴィジュアル2タイプ解禁&「ASH」MVを限定先行公開

シドが、4月4日(水)発売のベストアルバム『SID Anime Best 2008-2017』リリースに先駆け、2タイプのアーティスト写真及び、「ASH」のMVを解禁した。今作は、これまでシドが手掛けてきたアニメタイアップソングの全てをコンパイルしたヒット曲づくしのアニメベストアルバム。ボーナストラックに、LiSAに楽曲提供し、TVアニメ『Fate/Apocrypha』2ndクールオープニングテーマとなった「ASH」をセルフカバーして収録されることも大きな話題を集めている。
シド (okmusic UP's)

今回公開されたアーティスト写真は2種類。“青”を基調にしたアーティスト写真では、メンバーそれぞれが楽器を持ち、ライブさながらの躍動感を見せ、改めてシドがライブバンドであることを象徴するかのような仕上がりだ。一方、“赤”を基調にしたアーティスト写真は、2018年結成15周年となるシドの“15周年ヴィジュアル”となっている。フォーマルな装いに、レッドカーペットをあしらった様は、まさにシドの15年間の歴史と歩みを彷彿とさせる。

さらに、「ASH」(Music Video / Live Edition)の一部が、アニメイトタイムズにて3月15日(木)より先行公開となった。シドがセルフカバーする「ASH」は今回が初公開となるだけあって、是非チェックしてほしい。また、「ASH」(Music Video / Live Edition)には、2017年5月に行った日本武道館公演2daysの映像だけでなく、2017年10月の『SID TOUR 2017 「NOMAD」』東京国際フォーラム ホールA公演や、2018年元日に行なわれたシド結成十五周年記念公演『シド初め』Zepp Tokyo公演といった未公開ライブ映像も満載になっており、ファンには堪らないMVとなっている。

「ASH」(Music Video / Live Edition)はアニメイトタイムズでの限定先行公開された後、3月16日(金)18:00に、いよいよ本公開となる。そして、同日深夜にオンエアとなるTOKYO FM / JFN38局ネット「やまだひさしのラジアンリミテッドF」にて「ASH」のフル音源もラジオ初解禁となり、5月5日(土・祝)からは、全12公演を駆け抜ける全国ツアー『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018』も決定。また、3月15日(木)より特設サイトにて今ツアーの“〜ファン投票LIVE〜”の投票が開始した。LIVEで聴きたい曲を選び投票に参加しよう。

■「ASH」(Music Video / Live Edition)先行公開

https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1521015253
アルバム『SID Anime Best 2008-2017』
2018年4月4日発売

【初回生産限定盤】 (CD+DVD)

KSCL-3043/44/¥3,333+税

<収録曲>

■CD

1.モノクロのキス

(TVアニメ『黒執事』オープニングテーマ)

2.嘘

(TVアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』エンディングテーマ)

3.ドラマ

(Wii専用ゲームソフト『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST -暁の王子-』テーマソング)

4.レイン

(TVアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』オープニングテーマ)

5.乱舞のメロディ

(TV東京系アニメ『BLEACH』オープニングテーマ)

6.V.I.P

(TVアニメ『マギ』第1期オープニングテーマ)

7.ANNIVERSARY

(TVアニメ『マギ』第2期オープニングテーマ)

8.ENAMEL

(TVアニメ『黒執事 Book of Circus』オープニングテーマ)

9.硝子の瞳

(劇場版アニメーション『黒執事 Book of the Atlantic』主題歌)

10.螺旋のユメ

(TVアニメ『将国のアルタイル』オープニングテーマ)

-BONUS TRACK-

11.ASH

■DVD

「ASH」(Music Video / Live Edition)

◎初回生産限定盤封入特典

・歴代アニメ5作品着せ替えジャケット(蛇腹仕様)

・シド15周年ヴィジュアル着せ替えジャケット

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。