体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

姉御肌の高島礼子、文音の男前ぶりに「なんだ、一緒じゃん!」と仲間意識

7つのお別れのエピソードを通して、自らの心を解き放っていく女性納棺師の姿を描く映画『おみおくり』(3月24日公開)の完成試写会が14日、東京のスバル座で行われ、主演の高島礼子、共演の文音、渡部秀らが参加した。

高島と2度目の共演に文音は「高島さんから『女々しいという言葉は男のためにあるのよ』と聞いた時は、凄いカッコいいと思った」と男前な一面に憧れつつ「撮影でもプライベートでも2人でいることが多く、ひたすら甘えていました」と最敬礼。 高島も「文音ちゃんは本当に楽しい人。撮影中も今日も緊張していないと思う。お話も面白くて、何かと気になることが多いらしく、撮影中も『あれっておかしくないですか?』と私の気づかないところを色々と指摘していた」と和やかエピソードで返礼。

そんな中、渡部から「撮影が終わって帰ろうと思ったら、文音さんが『一緒に私のマネジャーの車に乗って行く?』と気軽に誘ってくれた。それが凄く男前でカッコよかった」との報告があると、高島は「なんだ、一緒じゃん!」と文音に自分と同じものを感じていた。キネマ旬報 2018年3/15号 (2018年03月05日発売)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。