体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ピンク髪の凄腕サックス・プレイヤー、ユッコ・ミラー×古坂大魔王のコラボがヤバい!!

ピンク髪の凄腕サックス・プレイヤー、ユッコ・ミラー×古坂大魔王のコラボがヤバい!!

2016年にデビュー・アルバム『YUCCO MILLER』(ユッコ・ミラー)で彗星の如く現れ、話題を呼んだジャズ界の異端女子サックス・プレイヤー、ユッコ・ミラー。そんな彼女の2ndアルバム『SAXONIC』(サキソニック)が3月14日にいよいよ発売となり、収録曲「ボンノバンニベンガボーン」のMVが公開された。

本作は“ユッコ・ミラーがロック・フェスに出演したら…”をコンセプトに、ロック・フェスのセットリストを意識して、ロック、ファンク、スムース・ジャズ、スウィング・ジャズ・バラードと、ジャズの枠に囚われず、踊れるアップ・テンポなナンバーを中心にユッコ・ミラー自身の書き下ろしによるオリジナル新曲4曲と、「Hello」(アデル)や「Virtual Insanity」(ジャミロクワイ)といった名曲のカヴァーなどを収録している。

その中でもひときわ目立つ楽曲が、古坂大魔王によって楽曲提供された「ボンノバンニベンガボーン」。ユーモラスなタイトル・テーマながらも、ハードなダンス・トラックにクールなサックスが絡む、最高に踊れるナンバーで、両者のエンタテイナーとしてのユーモアと、音楽家としての真剣勝負によって生まれた奇跡のコラボ曲だ。

MVではどこかで見たことがあるような(?)ダンスもあり、迫真の演技もあり、怒涛のユッコ・ワールドが繰り広げられる内容に仕上がった。

リリース後には、レコ発ツアーも決定しているので、彼女の今後の動向に注目してほしい。詳しくはオフィシャルサイトへ。(雄)

■ユッコ・ミラー コメント(古坂大魔王について)
「昨年、テレビ番組での共演で古坂さんと初めてお会いしたのですが、収録後に音楽やサックスの話で盛り上がって、このようにコラボさせて頂けることになって、本当に嬉しいです。
古坂大魔王さんは、お笑い芸人でもあり本当に素晴らしい音楽家で、最高に楽しくてキャッチーでカッコいい楽曲に仕上げて下さいました! レコーディングもすごく楽しかったです。
この曲を一度聴いたら、ずっと頭から離れなくて誰もが歌いたくなってしまうと思います。
MVでは振り付けもあるので、みんなにも是非踊ってほしいです!」

アルバム『SAXONIC』
2018年3月14日発売
KICJ-779 ¥3,000+税
<収録曲>
01.Blues Go Round
02.ボンノバンニベンガボーン
03.Hair Style
04.Hello(オリジナルアーティスト:アデル)
05.Hit Me(オリジナルアーティスト:ダーティ・ループス)
06.Virtual Insanity(オリジナルアーティスト:ジャミロクワイ)
07.Inner Beat
08.Some Skunk Funk(オリジナルアーティスト:ブレッカー・ブラザーズ)

・ユッコ・ミラー オフィシャルサイト
https://www.yuccosax.com/

「ボンノバンニベンガボーン」MV

https://www.youtube.com/watch?v=WKDuB-p5OAc
ピンク髪の凄腕サックス・プレイヤー、ユッコ・ミラー×古坂大魔王のコラボがヤバい!!

ユッコ・ミラー&古坂大魔王

ピンク髪の凄腕サックス・プレイヤー、ユッコ・ミラー×古坂大魔王のコラボがヤバい!!

『SAXONIC』

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。