体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

倉科カナ、同郷同年齢の“夫”高良健吾は「同志」

高良健吾と倉科カナが14日、都内で行われた熊本県による復興支援ドラマ「ともにすすむ サロン屋台村」の舞台挨拶に参加した。

高良と倉科は同じ熊本県出身で同い年だが、今回が初共演。2016年に発生した熊本地震を振り返り、倉科は「ニュース速報を見たときは目を疑ったし、頭が真っ白になった。時が止まったようで、生きた心地がしなかった」と沈痛な面持ちで回想。当時、高良が自発的に被災地に入ったことを知り「私も連れて行ってほしいと思うくらい、何もできない自分に負い目を感じた」と心境を告白した。 それだけに今回の復興ドラマへのオファーは「何か自分もできないかと思っていた時だったので、協力できてよかった」と喜び、高良との夫婦役での共演には「同い年でお互い同じ時期からこの仕事をしているので、同志のように感じていました。熊本を舞台にした作品で共演ができたのは意味のある事だと、とても嬉しかった」と念願叶った様子だった。

それは高良も同じようで「高校の時から知っていたし、同郷で同級生。そんな方と仕事ができたのは嬉しい。お互い高校生の時に仕事を始めているし、そんな方と夫婦役を務めるというのは“縁”」とシミジミしていた。andGIRL(アンドガール) 2017-09-12 発売号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。