体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インテリアコーディネート術】1Kをオシャレに使いやすく! 真似したくなるミュージシャンのお部屋

こだわりの部屋づくりを学ぼう!

神奈川県横浜市に住むミュージシャンのY.Aさんのお部屋を訪問。アンティーク風の空間をどのようにつくっているのだろうか。そのポイントを教えてもらった。
こだわりの部屋づくりは必見!|【インテリアコーディネート術】1Kをオシャレに使いやすく!真似したくなるミュージシャンの部屋紹介

こだわりの部屋づくりは必見!プロフィール

名前:Y.Aさん
年齢:28歳
職業:ミュージシャン
居住地:横浜市たまプラーザ駅より徒歩5分
居住年数:1年8ヵ月物件データ

間取り:1K
築年数:約40年
よくある一人暮らしの間取り|【インテリアコーディネート術】1Kをオシャレに使いやすく!真似したくなるミュージシャンの部屋紹介

よくある一人暮らしの間取り①.曲作りに欠かせない楽器やマイクはすぐ手の届く場所に

押入れのふすまを取りはずし、和室っぽさを軽減。ディスプレイ棚として使用している。好きなものを飾ったり見せる収納を作ったりと、思い思いのアレンジができそう。

「押入れはふすまを取り払いディスプレイゾーンに。楽器も見せる収納でいつでも使えるようにしました」とY.Aさん。上の段にはファッション小物を、下の段には額縁や音楽関連の道具を収納している。
押入れは使い方も自由自在!|【インテリアコーディネート術】1Kをオシャレに使いやすく!真似したくなるミュージシャンの部屋紹介

押入れは使い方も自由自在!②.オンとオフを切り替えてくれる癒やしのグリーン

「くつろぐ時に見て癒やされるよう、ベッドスペースと作業スペースの間に置きました」とY.Aさん。日の光を浴びて、植物もいきいきとしている。
ベッドスペースと作業スペースを隔てるためのグリーン|【インテリアコーディネート術】1Kをオシャレに使いやすく!真似したくなるミュージシャンの部屋紹介

ベッドスペースと作業スペースを隔てるためのグリーン③.感性を刺激するアイテムを並べる

押入れのディスプレイゾーンには、制作意欲を掻き立てるものを飾っているというY.Aさん。大好きな帽子やキャンドルなどを見えるところに置き、気分を上げているそう。彼女の音楽性がうかがえる一角だ。
ディスプレイゾーンには好きなものを|【インテリアコーディネート術】1Kをオシャレに使いやすく!真似したくなるミュージシャンの部屋紹介

ディスプレイゾーンには好きなものを④.ライブに欠かせないアクセサリーは玄関先のディスプレイに

「仕事の衣装としても欠かせないアクセサリー類。気分も上がるようにディスプレイしています」とY.Aさん。きれいに並べればそれだけでオシャレな印象になるアクセサリー。いい香りのするものと一緒に置けば、気分を盛り上げてくれる。
玄関先で身だしなみをチェック|【インテリアコーディネート術】1Kをオシャレに使いやすく!真似したくなるミュージシャンの部屋紹介

玄関先で身だしなみをチェック⑤.創作のヒント探しはインパクトのあるソファで

ソファは部屋の雰囲気に合う物を探したというY.Aさん。インパクトのある柄のソファは、シンプルな部屋によく映える。ここで音楽を聴いたり読書したりして、感性を養っている。
ポップな柄と色使いはY.Aさんの好み|【インテリアコーディネート術】1Kをオシャレに使いやすく!真似したくなるミュージシャンの部屋紹介

ポップな柄と色使いはY.Aさんの好みシンプルな部屋を自分なりにアレンジ!

シンプルな1Kを自分なりに使いやすいよう上手にまとめたY.Aさんの部屋。「好き」の取り入れ方を参考に、自分らしい部屋をつくってみよう!

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

文=宮田歩未
写真=坂脇卓也

※「CHINTAI2017年2月2日号」の記事をWEB用に再編集し掲載しています
※雑誌「CHINTAI」2018年2月24日発売号の特集は「実働5日 引っ越し完璧マニュアル」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう

CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy