体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『激辛お祭り焼きそば』オリーブオイルと唐辛子を練り込んだ“激辛界のお祭り男”に注目せよ!

「熱い男の燃える麺(MEN)」というパッケージの謳い文句とともに、さっそうと登場した“お祭り男”。それがオリーブ王国の小豆島からやってきた『激辛お祭り焼きそば』だ。名産のオリーブオイルと厳選された唐辛子を練り込んだ麺生地を、小豆島伝統の手延製法で作り上げた本格焼きそば。激辛ブームの真打ちに、いま熱い視線が集まっているぞ!

マジメな会社が“史上もっともふざけた”パッケージ

「激辛お祭り焼きそば」はオリーブオイルと唐辛子を練り込んだ乾麺だ

株式会社共栄食糧(香川県小豆島)の『激辛お祭り焼きそば』(250gうち麺180g・希望小売価格 税込648円・発売中)は、自然豊かな瀬戸内海の小豆島で誕生した。同社は、この島特産のオリーブオイルを使ったオリーブパスタや小豆島伝統の手延素麺などを製造している。

 

同社の主力である乾麺のオリーブパスタ・ラーメンは400年近い伝統の手延製法を活かした商品だが、この独自性をアピールするために今回「激辛お祭り焼きそば」を開発したという。

2人前のパッケージで、麺が180gと特製ソースが封入されている。お好みで肉や野菜などと炒めて食べるのがオススメだ。もちろん、炒める前に乾麺を茹でて戻す必要がある。

パッケージの背面には原材料と調理方法が記されている。これを見る限り、麺の成分上位に唐辛子の記述があるものの、ソースのほうには激辛要素が見当たらない。どうやら、麺自体が辛いために「激辛」と銘打っているようだ。

話は前後するが、パッケージは笛を吹くおじさんのイラストと、燃え盛る炎の背景に「激辛!」の文字がデザインされている。共栄食糧によると「当社史上もっとも“ふざけたパッケージ”ですが、商品開発会議ではこれまでにないほどマジメに議論を重ねました」という。これで史上もっともふざけたパッケージということは、ずいぶんとマジメな人が多い会社なのだろうということは想像に難くない。

ソースは、予想外に少しピリッと辛味のあるオーソドックスな焼きそばソース。香辛料のためなのか、原材料表示よりは辛めな印象を受けた。これが激辛の麺とどう絡み合うのか、実際に試食してみなければわからない。

 

しっかりとしたオリーブの風味と辛さがベストマッチ

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。