体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猫好き垂涎の企画「ねこ画展」東京ドームシティギャラリーで開催

猫好き垂涎の企画「ねこ画展」東京ドームシティギャラリーで開催

 猫を愛してやまないクリエイターは多く、猫をモチーフにした作家たちの作品はどれも作り手のそれぞれの味わいがあり見ていて飽きません。そんな猫好き作家8人による展示企画「ねこ画展」〜ねこ画から生まれた愛おしい世界〜が2018年4月26日(木)から、東京ドームシティのGallery AaMo(ギャラリー アーモ)にて開催されます。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 この企画は、Gallery AaMoの開業1周年を記念して行われるもので、猫好きの聖地ともいわれている神保町の「神保町にゃんこ堂」が全面協力。会場では、参加作家の本を販売する「にゃんこ堂水道橋店」が期間限定でオープンするほか、この企画展のためにセレクトしたかわいい猫の雑貨販売も行われます。
参加している8名の作家の展示内容約80点は以下の通り(敬称略)

●おかべてつろう:カラフルでキラキラした世界観を様々な大小のパネルで展示。

●くまくら珠美:猫好きの心をくすぐる「くまくらガハク」の大判パネルや、幻の原画などを展示。

●ク ラ ミ サ ヨ:美しく、緻密に描かれた“ペン画”による原画作品や大判パネル10点を展示。

●柴田ケイコ:絵本作家デビューとなった「めがねこ」の原画作品10点を展示。

●高原鉄男:メッセージ性の高い、見応えのある原画作品10点を展示。

●ね こ ま き:描き下ろし作品やユルほっこりなマンガパネルなどをズラリと並べて展示。

●目羅健嗣:猫絵師として描くイタリニャ大公国猫の名画コレクション「MELANO MUSEUM」より「VERMMERA X/35」と題した作品群を展示。また、期間中絵師本人による歌と狂言の「のめらにゃん斎 猫狂言紙芝居」上演予定。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。