体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警察のクレームは公安委員会と監査官室どちら?

警察のクレームは公安委員会と監査官室どちら?

警察官の職務執行についてのクレームは、制度としては公安委員会に申し出ることになります。しかし、実際にはあまり機能していないのが実状です。一方で、警察官の信用失墜行為に関する申し出を受け付けているのが警察本部の監察官室。警察官へのクレームは公安委員会よりも監察官室が効果的です。

警察官の職務執行についてクレーム

警察官の職務執行についてのクレームは制度上、公安委員会が受け付けています。都道府県公安委員会は都道府県警察の運営を管理する権限を保有。公安委員会は警察の民主的運営と政治的中立性を確保するための行政委員会です。

警察法に基づいた警察へのクレームの具体的な手続きとしては、警察職員の職務執行について苦情がある場合は、都道府県公安委員会に対して署名または捺印の上、文書により苦情の申し出をすることになっています。

ただし、目撃した第三者など当事者以外の申し出を受け付けなていなかったり、FAXやメール、匿名での申し出は対象になりません。また、市長による推薦でなる委員は名誉職化し、警察や司法に関する知識が乏しいといった課題があります。

警察官へのクレームを電話受け付け

一方、個々の警察官に対するクレームを受け付けているのが、各都道府県の警察本部にある監察官室です。監察官はいわば「警察の中の警察」。警察不祥事の捜査や内部罰則を犯した警察官への質疑、内部犯罪の取り締まりを行います。

警察本部によっては「監察官室」への電話番号やメールフォームをアナウンスするWebサイトもあるほど。警察職員の信用失墜行為に関して、電話・封書・メールで広く受け付けています。

このため、不当な取り締まりや職質と感じたら、事前に警察手帳の提示を求めた上で、証票の番号を控えましょう。服務中に関しては、公の場で穏当な範囲(名誉毀損にならない)であれば、スマホなどでの撮影も証拠となりうる傾向があります。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy