体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BTS (防弾少年団)、ドキュメンタリー・シリーズ『BTS: Burn The Stage』が3/28から公開

BTS (防弾少年団)、ドキュメンタリー・シリーズ『BTS: Burn The Stage』が3/28から公開

 BTS (防弾少年団)が昨年開催した【2017 THE WINGS TOUR】の舞台裏に密着したドキュメンタリー映像がYouTube Redシリーズとして公開される。

 2018年3月28日にスタートする『BTS: Burn The Stage』では、彼らが同ツアーで世界3大陸20都市を300日かけて巡った際の舞台裏の様子が8回にわたって配信される。昨年5月に彼らが<Top Social Artist>を受賞した【2017 ビルボード・ミュージック・アワード】(BBMAs)を含む主要イベントでのバックステージも捉えられている。

 YouTube Redによると『BTS: Burn The Stage』は、グループのメンバーがお互いに、自分たちの音楽に、そして“ARMY”と呼ばれる世界中のファンに対して見せる献身を「親密でパーソナルな描写」で見せるという。

 BTSにとっては初のYouTube Redオリジナル・シリーズだが、YouTubeそのものは2013年のデビュー以来、非常に積極的に活用してきた。彼らのBANGTANTVチャンネルでは現在ミュージック・ビデオやプロモーション映像を含む約800本の動画が公開されている。YouTubeの公式と非公式アカウントを併せると100億再生を超えており、K-POPアーティストとしてはトップ、全アーティストで見てもトップクラスの人気を誇っている。BTSの動画はほとんどが韓国以外の国から視聴されており、米国から4.41億回、ブラジルから3.17億回、そしてメキシコから2.3億回となっている。

 『BTS: Burn The Stage』は3月28日午前8時(太平洋標準時)に最初の2回分がBANGTANTVでも公開される。初回は無料だが、残り7回はYouTube Redの契約者しか視聴できない。YouTube Redは日本では見ることができないが、シリーズをYouTubeのオンデマンド・サービスで購入することは可能なようだ。

◎『BTS: Burn The Stage』トレイラー映像
https://youtu.be/xf-dywd3zx0

関連記事リンク(外部サイト)

BTS (防弾少年団)、坂口健太郎主演ドラマで初のドラマ主題歌担当
BTS(防弾少年団)のJ-HOPE、K-POPソロ・アーティストとして全米ALチャート最高位を更新
BTS(防弾少年団)J-HOPE 新曲7曲入りミックステープ発表! 収録曲MVも公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。