体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Thinking Dogs『愛は奇跡じゃない』発売記念“イヌ年”初ワンマンライブ&初生配信終了

Thinking Dogs『愛は奇跡じゃない』発売記念“イヌ年”初ワンマンライブ&初生配信終了

 Thinking Dogsがニューシングル『愛は奇跡じゃない』の発売を記念し、3月14日に渋谷eggmanにてレコ発ワンマンライブを行い、その様子がThinking DogsのLINEアカウントにて生配信された。

 Thinking Dogsは精力的にライブ活動を行っていることでも知られているが全国ツアーは行っておらず、今回の生配信は東京に来られない地方に住むファンにとって、シングル発売日にうれしいプレゼントとなった。

 ライブの中盤で今回発売となった『愛は奇跡じゃない』に収録されているカップリングの「ユメラブ」を披露。「ユメラブ」はThinking Dogsメンバーと重なる夢を追いかけている同世代の男子の失恋を描いたGO-BANG’Sの森若香織が作詞をした、4thシングルのカップリングの「ユメハグ」の続編ともいえる楽曲だ。

 後半にさしかかり、現在テレビ東京 木ドラ25『モブサイコ100』の主題歌となっている「愛は奇跡じゃない」を披露。この曲のミュージックビデオは『モブサイコ100』に出演している乃木坂46与田祐希が出演していることで大注目されており、運命の赤い糸でリアルに縛られているThinking Dogsメンバーと妖艶な与田祐希の演技が話題を呼んでいる。YouTubeにてショートバージョンが公開されている(https://youtu.be/3AePNphyJJU)。

 アンコールでは、作詞をギターのJun、作曲をベースのわちゅ~が担当した3曲目の収録曲「春翔ける人」をライブ初披露。そしてメンバーJunから、6月25日に開催される3周年記念ライブが発表されると、会場からは大歓声が上がり、Junは「はじまりの場所、六本木 Morph-Tokyoでがっつり吠えてやろうと思います!」と意気込んだ。

 2018年“イヌ年”はThinking Dogsの年。2018年初ワンマン、初生配信、初披露と初モノ続きのライブが大盛況のうちに終了した。

◎公演情報
【Thinking Dogs THE 3rd ANNIVERSARY LIVE~吠えろ!始まりの場所から~】
2018年6月25日(月)
六本木 morph-tokyo
OPEN 18:30 START 開演19:00
前売3,500円

関連記事リンク(外部サイト)

乃木坂46与田祐希が登場! Thinking Dogsによるドラマ主題歌「愛は奇跡じゃない」MV公開
Thinking Dogs レコ発ワンマンで多彩な仮装 ライブ後にメンバー宅より生配信も
Thinking Dogs スイパラ1日店長大盛況 「Oneway Generation」フルMVがGYAO!にて解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。