体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪ビジネスマンは「おもんない話」に最もストレスを感じる?

大阪ビジネスマンは「おもんない話」に最もストレスを感じる?

 江崎グリコが現在展開している、ストレス低減機能があるγ-アミノ酪酸配合のメンタルバランスチョコレート「GABA(ギャバ)」にちなみ、社長・管理職・新入社員それぞれの立場で感じるストレスについての調査を行い結果を発表しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

■「飲みニケーション」は今や迷惑?

 まず、「仕事」や「仕事まわり」(業務外の時間で会社の人に会うこと)で感じるストレスについて、新入社員・管理職・社長と立場を分け調べたところ、最もストレス度が低かったのは「社長」。なるほど……。対し、最もストレス度が高いのはやはり新入社員ということがわかったそうです。

 ただし解答をみると、新入社員が最もストレス度が高いものの、どの立場においてもストレスを感じる傾向は同じ。

 例えば「仕事」直接についての質問では、

・「長時間労働が是正されないと感じたとき」新:82.8%、管:74.4%、社:60.2%
・「22時を過ぎての残業」新:81.4%、管:87.2%、社:73.4%

とそれぞれの立場で、上位1位2位に同じストレス理由を挙げています。誰だって残業や長時間労働は嫌ということですね。

 また、「仕事まわり」で感じるストレスでは、3属性ともに「飲み会の幹事役」「歓送迎会の準備が大変なとき」「一杯だけと言われて、全然一杯だけじゃなかったとき」という“飲み”関係の項目が上位3位をしめしており、特に宴会幹事役は誰もが嫌がる仕事ということがわかっています。なお、新入社員の場合は任される機会が多いためか、管理職や社長を10%以上引き離し、約7割の人がストレスを示していました。

 一昔前には会社の人との飲み会は「飲みニケーション」と呼ばれてもてはやされる傾向がありましたが、今は単にプライベートな時間を削られるというだけで、会社員多くにとってメリットが少なくなっているのかもしれません。「飲みニケーション」は滅せよ!という声が聞こえてきそうな結果ですね。

■大阪ビジネスマンは他地域よりストレスに強い?

 他にもこの調査では、役職のない一般サラリーマンを対象に、エリアでのストレス差分調査を試みています。

 新橋・汐留・内幸町周辺で働く新橋サラリーマン150人、大阪府で働く大阪ビジネスマン150人、東京・大手町周辺で働く丸の内OL150人を対象に、役職別と同様の質問を行い集計したところ、最もストレスが大きいのが新橋サラリーマン、次いで丸の内OL、大阪ビジネスマンの順。特に大阪ビジネスマンのストレスは他2つと少し離れてややストレス値は低いそうです。

 例えば「今日は早く帰ろうと思っていたのに、上司から飲みに誘われたとき」という質問の場合、新橋サラリーマンは72.1%、丸の内OLは70.5%がストレスを感じていますが、大阪ビジネスマンは55.8%と他2つよりも低め。

 さらに、新橋サラリーマン、丸の内OLの約半数(新橋52.7%、丸の内48.6%)が、「人のパソコンのキーボードをたたく音が大きくて気になるとき」にストレスを感じていますが、大阪ビジネスマンでは30.9%と低くあまり周囲のことは意識してない様子がうかがえます。

 ちなみにこの調査で3属性全てで共通して高い数値を示したのが、「『一瞬いい?』と言われて全然一瞬じゃなかったとき」(新橋66.7%、丸の内67.1%、大阪64.2%)。曖昧な時間拘束の言葉ほど、地域差関わらずイラッとくるものはないようですね。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。