体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PAELLAS、生ライブを披露! 新作は「美学が芯を通っている」

PAELLAS、生ライブを披露! 新作は「美学が芯を通っている」
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。3月12日(月)のオンエアではemmaとのコンビでお届け! PAELLASがゲストに登場し、生ライブに酔いしれました。

注目度が高まっているPAELLAS。MATTON(ボーカル)、bisshi(ベース)、Ryosuke Takahashi(ドラム)、Satoshi Anan(ギター)による4人組バンドです。今回はベースのbisshiさんが不在のため、3人編成で生ライブを披露してくれました。

【放送はこちら】PAELLASの生ライブ音源を聴く

3月7日(水)にミニアルバム「Yours」をリリースしたPAELLA。前作からひとりひとりレベルアップし、曲を作るための技術も上がったと感じていると言います。また今作は、「今までよりバンドっぽくしよう」「バンドの個性というか、メンバーひとりひとりの個性を出そう」と意識したことを明かしました。

メンバーの個性を引き出しながらも、バンドとしての統一感はしっかりと感じられる一枚です。藤田は「PAELLASって、美学みたいなものがずっと真ん中、芯を通ってるような気がする」と感想を述べました。

これまでは英語詞が多かったPAELLASですが、今回は全曲日本語詞。それは今回のなのか、それとも今後も続いていくのかを訊く……。

MATTON:これから英語の曲を書くとしたら、作詞はAnanに頼むかな。僕も英語の曲も書いてたんですけど、僕はもう日本語の曲しか詞は書かないかもしれない。

この変化は、「日本語詞のほうが難しいけれど、うまく表現できればリスナーにより伝わるのではないか」という考えになったからだそうです。しかし、MATTONさんのこの言葉に「いま初めて聞きました(笑)」と、Ananさん。スタジオは笑いに包まれました。

PAELLASは現在、「Yours Tour 2018」を開催中。東京は3月24日(土)に渋谷WWW Xでワンマンライブを行います。「今までとはぜんぜん違うステージと演奏になっている」とのことなので、足を運ぶ方はお楽しみに。

日替わりナビゲーターがお送りする「DAILY SESSIONS」のコーナーでは、大人気コーナー「エマーミュージック」をお届けしました!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy