体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台北のドリンクスタンドでは、「イーハオ!」と言えば間違いない。

台北のドリンクスタンドでは、「イーハオ!」と言えば間違いない。

東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。

むしろ「おすすめスポット」については、語り尽くされた感があるという人も。でも、いえいえまだまだですよ。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダー方法をご紹介!

まずは基本の注文方法をおさらい

台北のドリンクスタンドでは、「イーハオ!」と言えば間違いない。

ステップ1:メニューの中からドリンクを選ぶ
ステップ2:サイズを選ぶ台北のドリンクスタンドでは、「イーハオ!」と言えば間違いない。

ステップ3:ホットかアイスか(アイスの場合は氷の量も)を選ぶ
ステップ4:甘さを選ぶ

甘さレベルについては要注意。甘党の人でも「半糖」で十分です。オプションが多いように見えますが、日本語メニューがあるので注文自体は簡単。

問題は、何を注文すれば良いか迷ってしまうこと。

せっかくなら人気のドリンクをオーダーしたいところです。そんなとき、とっておきの注文方法があるのです。

「我要一號(ウォーヤオイーハオ)!」

台北のドリンクスタンドでは、「イーハオ!」と言えば間違いない。

50嵐の店頭には「店長推薦」という看板があります。

そう、ここで言うべきはズバリ、「我要一號(ウォーヤオイーハオ)」=「一番人気ください」!台北のドリンクスタンドでは、「イーハオ!」と言えば間違いない。

これが、50嵐の「一號(イーハオ)」。

爽やかな四季春茶という台湾烏龍茶の一種に、タピオカやココナッツゼリーなど色んな食感が楽しめるトッピングが入っています。

ちなみにこれは、「台北の50嵐」にしかない限定ドリンク。散策のお供にぜひ。

関連記事リンク(外部サイト)

都市伝説じゃなかった。台湾の老舗ホテル地下に掘られた「秘密のトンネル」
23時オープン。台北のクールな「深夜食堂」は、4人以上お断り。
「ビーチへ逃げろ!」台湾篇

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。