体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自家製だしがたっぷり染み込んだ「カツ丼」

3月14日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、家族で営む人情繁盛店の意外な人気メニューを特集した中で、「登喜和」(東京都新宿区)が紹介された。

同店は、東京メトロ丸ノ内線・西新宿駅から徒歩5分程にある中華料理店。取材当日には、20席ある座席が満席でお店の外まで行列が出来ており、人気ぶりがうかがえる。「ラーメン」(600円/税込み)は醤油ベースのスープが素朴な味わいと評判の一杯なのだとか。

坂田陽子さんが「ラーメン」を頂くと「懐かしさが染み渡りますね、スーッと喉を通っていきますね!初めて食べるのに懐かしいホッとする味わいです」とコメント。続いて「チャーハン」(700円/税込み)を頂くと「パラっとしてふっくらしてて、お米一粒一粒にしっかりと味が染みてます。1人前の量も結構あるのでボリューム的には大満足ですよ」と絶賛していた。

こちらのお店で人気メニューなのが「カツ丼」(750円/税込み)だ。サイドメニューとして、スープとお新香が付いてくる。肉厚のロース肉をサクッと揚げたら、醤油・かつお節・砂糖・みりんなどで甘く味付けた自家製だしでカツをたっぷり染み込ませ、たっぷりの玉子でとじたら完成。多い時には1日約30食も出るというボリュームのある一品だ。

坂田さんが「カツ丼」を頂くと「肉厚ジューシーなカツにちょっと甘めの丼汁がしっかりと絡んでいて、口の中に入れた瞬間にジュワッと甘味が広がるんですよね」と絶賛していた。こちらのメニューはお店創業当時から先代店主が提供していたメニューだそうで、レシピを変えずに2代目店主が味を守り続けているのだそう。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:登喜和(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:新宿のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:新宿×中華のお店一覧
カリカリ豚肉の「豚玉」とふわとろ「牛スジオムレツ」
ジューシーなとんかつや焼肉が味わえる「とんかつミックス定食」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy