体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シンプルだけど奥深い、カシオのゲーム電卓が復活

 1980年代に発売され、一斉を風靡したカシオの「ゲーム電卓」が「ゲーム電卓 SL-880」として復活します。

 この計算機は、数字が見やすい特大表示や税計算機能など現代の電卓にふさわしい機能をそなえながら、1980年代発売のゲーム電卓「MG-880」の数字表示をそのままつかったシューティングゲーム機能も搭載。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ゲームは右側から攻め込んでくる侵略者の数字に、ビーム砲の数字を合わせることで迎撃していきます。
 「・」キーを押す回数で標的に含まれる数字に合わせ、ビーム砲として「+」キーで発射。ビーム砲台は3基あり、侵略されるごとに1基ずつ減ってゆきます。得点は侵略者を迎撃した位置によって決まり、UFO(撃墜した数字の合計値の末尾が0となるごとに出現※)を撃ち落とすと300点が加算されます。

 古いけれど新しいカシオの「ゲーム電卓 SL-880」は3月23日発売。メーカー希望小売価格はオープン、市場価格予想は2000円前後となっています。

・商品名:ゲーム電卓 SL-880
・桁:10桁
・大きさ:幅70×奥行き118.5×高さ8.5mm
・電源:TWO WAY POWER 太陽電池(内蔵)、リチウム電池(CR2016×1個)
・価格:オープン
・発売日:3月23日

関連記事リンク(外部サイト)

そして輝く「人生ゲーム」!B’z30周年イベント会場限定で「B’z人生ゲーム」発売
クリア画面にメッセージが仕込める レトロ風シューティングゲームが懐かしくて楽しい
ドラクエモンスターが噺家に「スライム家ぷる蔵」などによる「ドラクエ落語」

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。