体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

hide、ドキュメンタリー映画『HURRYGO ROUND』全国公開決定!

1998年5月、人気絶頂の中突然他界したX JAPANのギタリスト・hide。2018年、hideが永眠して20年。“hide20thMemorialProject”発足し、プロジェクトの一環として製作されるドキュメンタリー映画『HURRYGO ROUND』が5月26日(土)に全国公開決定! 内容及び新ビジュアルが解禁となった。
hide (okmusic UP's)

本作は、hideの墓の墓石に刻まれている、事実上最期の楽曲「HURRY GO ROUND」の歌詞に隠されたメッセージを、生前のhideを知らぬ男、 俳優・矢本悠馬(やもとゆうま)がナビゲーターとしてhideの最期の足取りを辿るドキュメンタリー。 亡くなる前日に撮影された未公開映像の初公開を含む、今まで語ることが無かった真実がここに明かされる。

一人の俳優が、神奈川県三浦市にあるhideの墓を皮切りに、hideが生まれ育った横須賀、さらにはhideが亡くなる3ヶ月前に過ごしていたアメリカ・ ロサンゼルスロケを敢行し、hideが過ごした地を巡る。 また、hideの実弟・松本裕士(ヘッドワックスオーガナイゼーション代表取締役)、hide with SpreadBeaverのメンバーであり、hideの共同プロデューサー・I.N.A.、当時のレコーディングエンジニアERICWESTFALL他、hideをよく知る人物を訪ね、亡くなる直前のhideについて話を聞く。

ナビゲーターの矢本悠馬は、映画『ちはやふる』シリーズ、『君の膵臓をたべたい』や、NHK 連続テレビ小説『半分、⻘い。』など、話題作への出演が続いている若手注目株。 本作が映画初監督となるのは、DREAMSCOMETRUE、YOSHIKI(XJAPAN)、Perfume、高橋優、高梨沙羅のTVドキ ュメンタリー番組や、hideのオフィシャルブック「Pinky Promise」など、演出家・プロデューサー・構成作家として活躍中の石川智徹。二人は音楽番組を通じて知り合い、監督が本作のイメージにぴったりと矢本を起用したとのこと。

今回初公開の写真を使用した本作のメインビジュアルは、3月15日より東京・渋谷のスクランブル交差点のビルボード広告(西村ボード)に掲出される。ファンも見たことのない新ビジュアルに注目だ。

なお、映画の公開に先駆けてライブ『hide 20th memorial SUPER LIVE “SPIRITS”』が 4月28日&29日に開催されるなど、“hide 20th Memorial Project”が続々決定しており、2018年はhide一色になること必至!
【コメント】

■矢本悠馬 Yuma Yamoto

「この作品に出演が決まった時に自分は hide さんについてほとんど無知の状態でした。 始めはワクワクと好奇心を踊らせていましたが、次第にそれはすぐ恐れ多い感覚になりました。 自分はこんなにも偉大な人物と対峙してるのかと。彼の人生や命と向き合い続けるには 今の自分のエネルギーでは正直敵いませんでした。亡くなられて20年、hide さんのエネルギーは 消費し尽くされず、今の若い子たちにまで溢れて伝わっている。楽曲からは楽しくて楽しくて 仕方がないというような、とてもピュアなものが胸に入ってくる感じでした。その純度の高さが、 いつまでも色褪せない、今聴いても古くない理由なのかなと。

この映画は hide さんと矢本悠馬が出会う映画でございます。 自分ごときが本当すみません。

自分はこの作品のおかげで大好きなミュージシャンが 1 人増えました。 作品中、嘘偽りなく感じたことを話しておりますゆえ、皆様がどう観て感じて頂けるのか 今からハラハラしております。そしてまだhide さんを知らない方はこの作品をきっかけに 新世界へ踏み出すのもありですよ!」

■監督:石川智徹 TomoakiIshikawa

「映画初監督の作品がまさか hide さんのドキュメンタリーになるとは想像もしていませんでした。

オフィシャルブック「Pinky Promise」、13 回忌での撮影などいくつかお仕事させて頂く機会はありましたが、hide さんの生前にお仕事させて頂く機会が無 かっただけではなく、お会いしたこともありません。ある意味「hide 初心者」の僕が hide さんの映画の監督という大役をつとめるからには、hide さんのファン はもちろんのこと、hide さんを知らない世代の人達にも観てもらえるような映画にしたいという思いに強く駆られました。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。