体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KDDI、「声のVR」を活用したVR映像をハロプロと共同制作、VRで推しメンの声にフォーカスできる

KDDI 研究所は 3 月 14 日、映像の中で聴きたい部分にズームできる「声の VR」を活用したバーチャルリアリティ(VR)の映像コンテンツをハロプロと共同で制作したと発表しました。
声の VR とは、視聴者の操作や動作に応じて映像全体の音場を保ちながら任意の範囲にズームしたステレオサウンドをリアルタイムに合成する技術で、ハロプロのライブステージ映像でこれを利用すると、推しメンの歌声にフォーカスすることが可能になります。
今回は、モーニング娘。
’18 の「I WISH」を VR 映像にしており、この作品では推しメンの動きや声にフォーカスすることができます。
これを「au 5G」などの低遅延で高速な 5G システムで展開すると、スマートフォンでリアルタイムのライブステージ映像を観ながら上記と同様のことが可能になります。
今回の作品は、3 月 31 ~ 4 月 1 日にパシフィコ横浜で開催される「遊ぶ。
暮らす。
育てる。
SATOYAMA&SATOUMI へ行こう 2018」で披露されます。
Source : KDDI

■関連記事
Galaxy S9でカメラのF値が切り替わる仕組みを紹介
Google Playストアのアプリページがプチリニューアル
LINEアプリにウォレットタブやコンビニ払い代金をその場で支払える請求書払い機能が追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。