体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

FLOWER FLOWER・yui「CHE.R.RY」には敵わない…出産を経て変化したこと

FLOWER FLOWER・yui「CHE.R.RY」には敵わない…出産を経て変化したこと
J-WAVEで放送中の番組「GROOVE LINE」(ナビゲーター:ピストン西沢)。3月12日(月)のオンエアでは、FLOWER FLOWERからボーカルのyuiさんを迎えて、バンド結成当時のお話や、出産後の変化の話題で盛り上がりました。

■yui「洋楽をたくさん聴いてきたので」

yuiさんは西沢について「天才オーラがすごい」と思っていたそう。すると、西沢はyuiさんがほかのアーティストと違っている点を指摘しました。

西沢:yuiさんは、歌の中では感情があまり出てこなくて、ハッキリ言うと棒読みだけど、その棒読みをメロディでアップしたり落としたりする技術が他の人と違うと思うんです。他にも、一小節だけ余らせたりして、上手だよね。そういうテクニックは、昔から研究してたんですか?
yui:洋楽をたくさん聴いてきたので、好きなものが自然に蓄積していったのかなと思います。
西沢:いろんなことが、型通りじゃないよね?
yui:ほぼ三つしかないコードでまわっていくのに、メロディーはどんどん変わっていくとか、洋楽の独特な進み方は大好きです。

yuiさんは、ボン・ジョヴィやU2から洋楽を聴くようになったそうで、西沢は「デビューした当時は革ジャンを着てたけど、あれはボン・ジョヴィだよね?」と指摘。yuiさんが「あんまり気にしてなかったと思うんですけど……」と首をかしげると、西沢は「今日もタイトな黒いジーンズだし、ボン・ジョヴィでしょ?」と笑いを誘っていました。

■か細い美少女の歌声はそのまま、でも骨太に!

FLOWER FLOWERは、3月14日(水)にニューアルバム「スポットライト」をリリース。バンド結成は、yuiさんがベースのmafumafuさんを見つけて、メッセージを直接送ったことがきっかけでした。前作のアルバムから3年半が経ちましたが、この間に出産を経験し、変化もあったそうです。

西沢:以前は激しい曲とか、ゴリゴリした音とかには手を出していなかったよね?
yui:今の音楽性は尖っているので、「どういう風に聴いてもらえるか」とかは思います。
西沢:意外なのは、以前のようにギターを弾いていたか細い美少女の歌声はそのままで、ハードなものにも声が乗っていて「声が強いな」っていうのはすごく感じました。そもそも骨太なんですね。
yui:ありがとうございます。骨太になったと思います。

yuiさんは「CHE.R.RY」のイメージが強いため、以前はその世界観に合うものを作るのが大変だったようです。

yui:「『CHE.R.RY』みたいな曲を作って欲しい」というのは、100万回ぐらい言われました(笑)。作ったんですけど、やっぱり「CHE.R.RY」には敵わないときがありましたね。
西沢:自分が作ったものを目標にするっていうのはストレスがたまるけど、FLOWER FLOWERでもヒットが出て、「ああいう曲を作って」って言われたら大変だよね。
yui:でもその曲と全然違うものを作っちゃいそうですね(笑)。

FLOWER FLOWERは、「インコのhave a nice dayツアー」が始まります。4月1日(日)は日比谷野外大音楽堂、4月16日(月)はZepp Tokyoで行われます。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「GROOVE LINE」
放送日時:月・火・水・木曜 16時30分−19時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。