体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

FC東京・太田宏介「一番評価が低くて」…人生のターニングポイントは

FC東京・太田宏介「一番評価が低くて」…人生のターニングポイントは
J-WAVEで放送中の「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」のワンコーナー「WORDS FROM THE FIELD」(ナビゲーター:GAKU-MC)。3月9日(金)のオンエアでは、FC東京の太田宏介さんがゲストに登場。長谷川健太新監督のもと、今シーズン悲願の初タイトルを目指すFC東京について太田さんに訊きました。

■長谷川監督の指名で副キャプテンに

太田:長谷川監督は本当に厳しい監督なので、キャンプからよい緊張感のなかで練習ができました。練習試合の内容もいいですし、結果も出ているので、今年のシーズンは楽しみかなと思います。監督は誰も特別扱いせずにフェアに見てくれるので、監督が言ったことをやらない選手は怒られるし、やった選手はしっかり褒めてくれる。その使い分けがすごく上手いので、引き締まって、チームの雰囲気が本当にいいです。

太田さんは、今シーズン副キャプテンを務めていますが、これは自らのアクションではなく監督の指名だったそうです。

太田:監督から言ってもらえるのは光栄なことですし、今までそういうポジションに立ったことがなかったので「もちろんです」と受けました。僕自身も強い気持ちで臨むシーズンなので、副キャプテンという役割を与えてもらい、嬉しかったです。僕は性格的にもチームを盛り上げるタイプの選手なので、まずは練習や雰囲気作りを頑張りたいです。あとは若い選手が多いチームなので、その上と下をつなげる役割もできれば。キャプテンの張 賢秀(チャン・ヒョンス)選手をうまくサポートしながら、自分は自分の色を出せるように、タッグになってチームを引っ張っていけたらと思います。

■人生のターニングポイントとなった1年

トーク後半は、キャリアの原点やオランダ移籍について訊きました。

太田:オランダでは充実した1年でした。言葉も文化も違うところに1人で飛び込むということは、若いときの自分だったらできなかった。28歳という1番いいときに行って、試合にもずっと出れたので充実していましたね。

新人だった横浜FC時代の2007年にはブラジルへの留学も経験。移籍ではなく留学だったため、試合出場はなかったそう。しかし、ブラジルでの練習の成果から、チームのJ1昇格の年にリーグ戦にも半分出場し、その後U20のワールドカップに選ばれています。太田選手は「自分のキャリアを考えるとターニングポイントとなった1年」と振り返りました。

■評価も給料もいちばん低かった時代

そんな太田選手ですが「サッカー人生は決して順風満帆ではなかった」と言います。

太田:横浜FCの新人4人の中で一番評価が低かったですし、一番給料も低くて、友だちと牛丼屋に行っても、牛丼もおごれないようなところからのスタートでした。その当時からしたら今の自分は想像できなかったですね。横浜FCで日本を支えたプレイヤーと一緒にプレーできたこと、特に3年目に都並敏史さんのもとでプレーできたことと、三浦淳寛さんに出会ったことが大きいです。僕のポジションの前に淳寛さんがいて、自分がボールを持ったら、淳寛さんにボールを預けて、回って、オーバーラップしてクロス……という今の自分の形がこの年にやっとできたかなと……。それは都並さんと淳寛さんの指導のおかげです。

次回も引き続き、太田さんにお話を伺います。お楽しみに!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「WORDS FROM THE FIELD」
放送日時:毎週金曜 6時30分−6時40分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/archives/words-from-the-field/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。