体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「未来を読むエアコン」とは…家電芸人も大絶賛!

「未来を読むエアコン」とは…家電芸人も大絶賛!
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。3月12日(月)のオンエアでは、「今買うべき最新家電の裏事情」にフォーカスしました。

ひとり暮らしをはじめる人はもちろん、春は心機一転、いろいろと家電を買い換えたくなる時期ですよね。番組では、家電大好き芸人で家電製品総合アドバイザーの資格をもつ、かじがや卓哉さんに注目の家電を紹介いただきました。

■エアコンの歴史が塗り替えられた出来事

エアコンは2、3年前に、50年ぶりの革命が起きたと言われています。それまでのエアコンは内部にある円柱の部品が回って風が起きるという仕組みでしたが、三菱電機がプロペラに替えたことで、エアコン史を塗り替えたそうです。

かじがや:これは何がよいかというと、プロペラにすると2つ付けられるので、暑い人と寒い人がいた場合に、熱い人には冷気を多めに送ったり、寒い人には送らなかったりできます。センサーで「この人は暑そうだな」「この人は寒そうだな」ってわかるんです。

また、室温などを測るセンサー機能「ムーブアイ」が進化した「ムーブアイmirA.I.」も絶賛。これは、部屋の条件などを常に学習し未来を読む機能で、すぐに暖まる部屋なのか、日照条件で日が当たらない部屋なのか、などの違いを察知します。

かじがや:これによって、たとえば冬の場合にすぐ暖まるのか、時間がかかるのかをエアコンが判断してくれるので、寒くなる前にちょっと暖めてくれたりもします。普通は寒かったら部屋の設定温度を上げますが、その前にエアコンが温度を上げてくれるんです。

この機能により「エアコンって温度設定いるんだっけ」と思うくらいになるとのこと。サッシャと寺岡は未来を読むエアコンにびっくり、かじがやさんの話を食い入るように聞いていました。

番組では、他にもかじがやさんが、洗剤自動投入の機能が付いたななめドラム洗濯乾燥機なども紹介してくれました!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。