体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

幻の作品696点を初めて書籍化!「おたからサザエさん」全6巻3月20日刊行

幻の作品696点を初めて書籍化!「おたからサザエさん」全6巻3月20日刊行

 長谷川町子の国民的漫画作品「サザエさん」。これまでに多くの単行本が出版されてきましたが、このたび2020年の長谷川町子生誕100年を記念して、単行本未収録作品のみを収録した「おたからサザエさん」の刊行がスタートすることになりました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 1946(昭和21)年4月22日に福岡県の地元紙「夕刊フクニチ」でスタートし、1949(昭和24)年からは朝日新聞に移籍。夕刊から朝刊へと連載紙を移しながら、1974(昭和49)年2月21日まで続く長寿作品となった「サザエさん」。通常の単行本に加え、ベスト版の「よりぬきサザエさん」など、数多くの単行本が出版されてきましたが、実は全ての作品が収録されていた訳ではなかったのです。

 今回、2020年の長谷川町子誕生100周年に合わせ、長谷川町子美術館に秘蔵されてきた単行本未収録のお宝作品、696点だけを集めた「おたからサザエさん」の刊行が、朝日新聞出版からスタートします。これは朝日新聞出版創立10周年の記念作ともなります。

 全6巻(各税込1080円)で構成される「おたからサザエさん」。今までの単行本ではなかった、新聞での掲載日付もついているために、その当時の出来事や生活、そして新聞まんがとして重要な、作品のネタ元についても分かるので、研究資料としても注目です。また、TVアニメ「サザエさん」は原作をもとに制作されているために、新たな原作の発見は、アニメのエピソードがさらに豊かになることも期待されます。

 気になる刊行スケジュールは、1巻・2巻が3月20日発売。続いて3巻・4巻が4月20日、5巻・6巻が5月21日発売となります。全巻購入者には、各巻の帯についている応募券(合計6枚)を集めて応募すると、もれなく「オリジナルレターセット」がプレゼントされるという特典も。これだけメジャーな作品でありながら、幻となっていたものがおよそ2年分ほどもあったとは奥が深いですね。発売が楽しみです。

画像提供:朝日新聞出版

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

がっつり飯漫画「はらぺこ男子飯」1巻発売 オレンジページ原案メニュー6レシピ収録
目と目で通じ合う?言葉はなくてもペットと通じ合っている「あるある」な話
「よつばと!」最新14巻、4月28日発売に決定

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。