体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「両親を連れていきたい」と本気で思った、新しい飫肥

「両親を連れていきたい」と本気で思った、新しい飫肥

「こんにちは!!」と、下校中の小学生が大きな声で、しかもこちらに頭を下げてあいさつしてくれたことに驚いていたら、同行してくれた方が、こう教えてくれました。

「学校も飫肥城のなかにありますし、この辺りは城下町でもともと武士の人たちが住んでいたところなので、そういう意識が根づいているのかもしれませんね」

と。

環境が人を育てるというか、「僕たちは城下町に住んでいるんだ」という意識が小さい頃から芽生えているという、自分の中には全くなかった感覚に驚きました。かつては5万1千石を誇ったという藩の中心で、侍と商人たちが活気溢れる毎日を過ごしていたんだろうなぁ、と想像しながら…。

そんな飫肥(おび)のまちは今、古民家再生だけでなく、OBI DENKEN WEEKというイベントも仕掛けていて、新しく生まれ変わろうとしているんです。

伝統×快適
「季楽」に泊まる

「両親を連れていきたい」と本気で思った、新しい飫肥

「季楽(合屋邸)」は、もともと中級家臣の邸宅だった長屋門を、現代に合わせて快適な空間に仕上げた宿泊施設。デザインは乃村工藝社が担当していて、その地域ならではのポテンシャルを活かした空間作りになっているそう。

たとえば、最新のキッチンと昔のかまどのコントラストは、伝統×快適のバランスを考えてデザインされたもの。水回りなども一新して、とても開放感のある作りになっています。

「リノベーションしている間に、屋根裏の梁から刀が出てきたんですよ。オーナーの祖父にあたる方がコレクターだったみたいで、30〜40本くらい保有していたようです。きっと戦時中に回収令が出て隠したんでしょうね。庭の土に埋めて隠していた人もいたみたいですが、それは錆びてダメだったようです」

案内してくれたのは、飫肥地区のまちなみ再生コーディネーターの徳永煌季さん。「両親を連れていきたい」と本気で思った、新しい飫肥

「ご両親と一緒に宿泊される方や、お孫さんがおじいちゃんおばあちゃんと一緒に来るケースも多いですね。『冥土の土産になったわ〜』と帰っていく方もいますよ(笑)。あとは外国人の方にも喜ばれます。江戸時代の武家屋敷のテイストを残しながら、快適に過ごせますので」

僕自身も、両親と九州旅行に来るなら、こういうところに泊まって城下町でゆったり過ごしたいなぁと、しばし取材だということを忘れて真剣に考えてしまいました。「両親を連れていきたい」と本気で思った、新しい飫肥「両親を連れていきたい」と本気で思った、新しい飫肥「両親を連れていきたい」と本気で思った、新しい飫肥「両親を連れていきたい」と本気で思った、新しい飫肥「両親を連れていきたい」と本気で思った、新しい飫肥「両親を連れていきたい」と本気で思った、新しい飫肥「両親を連れていきたい」と本気で思った、新しい飫肥「両親を連れていきたい」と本気で思った、新しい飫肥
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。