体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カカオ70%の本格チョコと米菓が魅せた奇跡のマッチング!『カカオ×玄米』は大人女子が絶対好きなヤツ

玄米を配合した生地をカカオ70%のチョコレートでコーティングした『30g カカオ×玄米』(以下:カカオ×玄米)が新発売。亀田製菓が作っているだけあり、目指したのは「お茶に合う体に優しいチョコレート」だ。

ポリフェノール、食物繊維、乳酸菌配合の健康チョコ菓子

昨年、亀田製菓が「菓子に求められる素材」について調査をしたところ、「カカオ」と「玄米」が上位にランクイン。さらに、2017年11月3日~4日に行われたインターネット調査では、約8割が「週に1回以上日本茶を飲む人で、お茶に合うチョコの購入意向・喫食意向したい」と回答。『カカオ×玄米』(30g・参考小売価格税込190円前後・2018年3月5日発売)は、そんな顧客のニーズに沿って作られた商品だ。

 

玄米を練り込んだサクサクとした生地に、カカオ分70%という苦味のあるチョコレートをコーティング。チョコはスプレー掛けして少しずつ重ね、生地とチョコレートの比率を1:1に。これによって、食感と玄米のほろ苦さも残したという。

さらに、玄米とハイカカオに加え、1袋当たりポリフェノール250㎎食物繊維1,980㎎乳酸菌10億個を配合。おいしさだけでなく“身体への優しさ”にもこだわったというから感心あるのみだ。

カカオ×玄米を模した、なんとなくシリアルっぽい印象のあるパッケージ。ジャジャーンと打ち出された「お米由来の乳酸菌K-1」10 億個との表記に、「10億個ってすごい数だな」と、改めて心を掴まれる。まあ乳酸菌の個数は桁が違うことが多いけれど、それでも多い。

1袋あたり144kcal脂質は6.4g。原材料は、米粉、精米粉などせんべいの原料となるものばかり。植物性乳酸菌末の記載もバッチリだ。

 

限りなくおせんべいに近く、甘さ控えめの大人仕様!薄くて軽いチョコに一気にテンアゲ

開封すると、六角形の薄いチョコレート。目をそらせば手に持っていることを忘れてしまいそうなほど軽い。それゆえ、内容量は30gだが、思った以上にたくさんのチョコ菓子が入っていることにいきなりテンションが上がる。

名前とパッケージからチョコ味のするシリアルのようなものを想像していたが、かなりしっかりとチョコレートをまとっている。ゴツゴツとした見た目にココアパウダーがかかっており、“シリアル”どころか“米菓”っぽさすら見当たらない。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。