体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これ本当にカメラ? サイコロみたいな「CUBE Mini」はループ撮影もできる

ポータブル、ウェアラブルのカメラはたくさんある。ライフログ、アクションスポーツなどに特化するなど使い方はいろいろだが、本当にコンパクトなものが欲しいと思っている人にぴったりなのが「CUBE Mini」。

なんと一辺が2.5センチほどのキューブ状で、マグネットで好きなところにくっつけて気軽に撮影できる。

・ループ撮影も

CUBE Miniは本当に小さい。サイコロと見間違えるほど。しかしれっきとしたカメラで、1080pビデオや写真の撮影できる。

しかもループ撮影機能や、動体検知機能もついているなかなかのスグレモノだ。ベストシーンを撮り逃すことがなくなり、監視カメラ的にも使える。

撮影データはマイクロSDカード(32GBまで対応)に保存される。

・磁石で自由に固定

キューブ状なので平らなところに置いてそのまま撮影できるのはもちろんだが、内蔵するマグネットで冷蔵庫の扉など磁石をくっつけられるところに設置して利用することもできる。

加えて、フラットなマグネットと、ドーム型のマグネットがアクセサリーとして付いてくるのも気が利いている。ドーム型のマグネッでは、CUBE Miniをくっつけるとき、好きな角度に調整して撮影できるのだ。

また、フラットマグネットとCUBE Miniの間に服やバッグをはさみこんで固定することもでき、いろんなシーンでの撮影に使えそうだ。

CUBE Miniは現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中で、68ドル(約7300円)〜とリーズナブルプライスとなっている。

世界中どこにでも発送してくれるので、さりげなくカメラを携帯して撮影したいという人はいかが。出資は4月4日まで受け付け、締め切り後すぐに発送が始まる。

CUBE Mini/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。