体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

かぼちゃ&さつまいもは煮ずに漬ける!失敗なしの[浸しレシピ]

かぼちゃ&さつまいもは煮ずに漬ける!失敗なしの[浸しレシピ]

かぼちゃやさつまいも、里芋などは、煮物にするとおいしいですが、味がしみ込むのに時間がかかります。さらに、火を通しすぎて煮くずれしたり色落ちしたりすることも。そこで、「失敗知らずの調理法」をご紹介します。

かぼちゃの蒸し浸し 

かぼちゃの蒸し浸し:蒸したかぼちゃを、浸し汁に30分以上漬け込むだけ!

かぼちゃを蒸して、浸し汁に漬けます。じんわり中まで味がしみ込み、ホクホクした歯ごたえに仕上がります。

材料(4人分):かぼちゃ…1/2個(上半分)、A(干し椎茸のだし…50cc、しょうゆ・みりん…各大さじ1、塩…ひとつまみ)、ショウガスライス…1枚

作り方

かぼちゃは種とわたを取り除き、食べやすい大きさに切って面取りする。
かぼちゃは、食べやすい大きさに切って、面取りする

[A]を鍋に入れ、ひと煮立ちさせる。これにショウガスライスを加える。

水にくぐらせたかぼちゃを熱した蒸し器に入れ、蒸す。串を刺してすっと通れば、蒸し上がり。

[2]の浸し汁に[3]のかぼちゃを入れ、30分以上漬ける。ひと晩漬けると味のなじみがさらに良くなる。
蒸したかぼちゃを、浸し汁にひと晩漬けると、味のなじみがさらに良くなる

memo

●干し椎茸のだし
材料:干し椎茸(中)…3個、水…5カップ
作り方:干し椎茸を水に漬けて半日おく。急ぐ場合は煮立たせてもよい。

●昆布のだし
材料:昆布…10㎝×10㎝、水…5カップ
作り方:昆布を水に漬けてひと晩おく。時間がない場合は、水に漬けて1時間おいたあと中火にかけ、沸騰寸前に昆布を引きあげる。

干し椎茸のだしと昆布のだしを1:1の割合で組み合わせるとおいしい。

材料が熱いうちに漬ける

茹でたり蒸したりした材料は、熱いうちに浸し汁に漬けるのがポイント。冷めていくうちに味がしみ込み、風味を損なわず、見た目も美しく仕上がります。以下のレシピも同様です。

さつまいものしょうゆ浸し

さつまいものしょうゆ浸し:茹でたさつまいもを、30分ほどだし汁に漬けるだけ!

さつまいもを茹でてから干し椎茸と昆布だしのきいた浸し汁に漬けるだけで、惣菜になります。

材料(4人分):さつまいも…2本(約500g)、A(ショウガ…1片、干し椎茸と昆布のだし…300cc、しょうゆ…大さじ1 1/2、砂糖…小さじ1、みりん…小さじ2)

作り方

皮付きのさつまいもを皮付きで丸ごと鍋に入れ、ひたひたになるまで水を注いで茹でる。串を刺してすっと通ったら火を止める。
さつまいは皮つきのまま、ひたひたの水で丸ごと茹でる

1 2次のページ
VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。