体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大分歩けるようになって楽しくお散歩 ♪ と思っていたけれど…改めて感じた「命の責任」 by ユーラシア 

こんにちは、ユーラシアです。

息子が1歳半になった頃、大分歩けるようになったので、ベビーカーへは乗せずにお散歩に挑戦してみました。子供と一緒に徒歩で散歩なんて、ワクワクするな~楽しいだろうな~と出発。そしてすぐに前言撤回。 前回エピソード:「私一人で悩まなくても大丈夫なんだ」強い安心感をもらえた、言語聴覚士さんとの初面談 by ユーラシア

大好きな「ブーブー」を見て、興奮して車めがけて走り出す息子。固く手を繋いだつもりでも、いとも簡単に手を引き抜く息子(その技術はどこから……?)。楽しくお散歩♪と能天気に考えていた私の頭は一瞬で冷めました。

「車道に出たら危ない」とか「車に跳ねられたら大怪我する」なんて当たり前のことを、1歳のこの子は知らないんだ、つまり私がほんの少しでも油断して、手や目を離してしまったら、この子は……そう考えたらゾッとしました。

こんなに「命の責任」を感じたのは新生児の頃以来だったと思います。

f:id:akasuguedi:20180306110522p:plain f:id:akasuguedi:20180306110540p:plain

車が通る道を歩く際は、「絶対に手を離しちゃダメ」と何度も言い聞かせ、腕が疲れるくらいガッチリと手を繋ぎました。もし手を繋ぐのを嫌がるようなら、強制的にベビーカーに乗せたり抱きかかえたりして散歩は中止。

そのため結講たくさん歩くようになってもベビーカーを持って行かなければならず、 片手でベビーカーを押しながらもう片方の手で息子と手を繋ぐという、文字通り手一杯の状況でしたが、「ちゃんと手を繋げないなら歩かせることはできない!」と断固言い張りました。

f:id:akasuguedi:20180306110627p:plain

さらに最後の手段として子供用ハーネスを購入して、いつでも使えるよう持ち歩くように。実際にハーネスを使う機会はほとんどなかったのですが、いざとなったら着けてやるからな! 大人を舐めるなよ……!と少しだけ心の余裕を持てたので、買って正解だったと思っています。

また息子にこんこんと常識を説いたところで、果たして1歳児に伝わってるのか?と虚しくなる瞬間もありましたが、今は息子の方から「危ないから手をつなごうね」と言うようになったので、 一応意味はあったんだと思います(思いたい)。

道行く子連れの人達は、一見なんでもないかのように普通に歩いているように見えますが、 実はものすごい緊張感とプレッシャーを背負っているのでは? きっと私だけではないはず……。

うちの子は割と怖がりな性格で、どちらかと言うとあまり危ないことはしない子なのに、 それでも飛び出そうとしたことが結講あったので、活発なお子さんなら尚のこと気が抜けないと思います。

子供は「車に跳ねられると痛い」とか「死んでしまうかもしれない」という 常識や恐怖心を持っておらず、つまり理性によるリミッターがないわけで、 そういう本能のままに動く生き物を制御するのは本当に難しいことなんだと思い知りました。

一度、よその子が赤信号を無視して車道に飛び出して行ったのを夫が捕まえたことがあり、 それ以来なんとなく他の子も気に留めるようになりました(自分に余裕があるときは、ですが。 そして大抵の場合そんな余裕はないですね……)。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。