体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

友達と行くと心強い!?オープンキャンパス同伴者ガイド【友達編】

進路を決めるうえで欠かせないオープンキャンパス。

 

興味のある学校が見つかったら、あなたは誰と行く?

 

スタディサプリ進路が、オープンキャンパスに行ったことがある全国の高校生男女145人にアンケート調査(※)を行ったところ、

 

1位 友達と行った……60.0%

2位 保護者と行った……35.9%

3位 一人で行った……30.3%

(※複数回答可)

 

という結果になり、「友達と行った」人が圧倒的多数!

 

そこで前回の【保護者編】【一人編】に続き、今回は【友達と行った人】のアンケートを詳しく紹介。

 

友達とオープンキャンパスに行く「メリットとデメリット」について教えてもらうことに!

 

とにかく楽しい! 同じ視点で意見交換ができるのも大きなメリット

親と?友達と?一人で?目的別オープンキャンパス同伴者ガイド【一人編】

 

まず、「友達と一緒に行こうと思った理由」について聞いてみた。 ・「友達と行ったほうが楽しいから」(高2男子・東京)

 

・「友人も自分も第一志望の学校が同じだったから」(高2男子・千葉)

 

・「友達に誘われたから」(高3男子・奈良)

 

・「学校の行事として行った」(高2女子・大阪)

一番多かった理由は、「友達と一緒だと楽しいから」ということ。

 

確かに、自分一人で行ったり、保護者同伴だったりするよりも、気が合う友達とワイワイ言いながら参加するほうが楽しそう!

 

そのほか、友達と志望校が同じだったり「友達と同じ学部に興味があったから」(高2女子・神奈川)という理由で、予定を合わせて一緒にオープンキャンパスに参加した人も。

 

また、 ・「友達の付き添い」(高1女子・山形)

 

・「友達を誘ってみたら来てくれたから」(高3男子・大分)

など、気軽に誘える“友達”という存在ならではの理由も目立った。

 

では、実際に友達と参加して良かったこととは? ・「友達が積極的に質問してくれた」(高3女子・愛知)

 

・「お互いに『こんなところがいいね』とか『あれはどうなんだろう』って感想を言い合うことができた」(高1女子・東京)

 

・「サークル体験などにも積極的に参加できた」(高3女子・兵庫)

「楽しかった」というだけでなく、友達が一緒にいることで躊躇せずに質問したりイベントに参加できたという意見が多数。

 

親と?友達と?一人で?目的別オープンキャンパス同伴者ガイド【一人編】

 

友達が、先輩や先生にいろいろ質問してくれたことで知識が深まったという人も! ・「親といると、学生の人もあまりぶっちゃけた話をしてくれないと聞いたことがある」(高3女子・東京)

なんて声もあったので、先輩にリアルな学生生活を聞いてみたいときは、友達と行くほうがいいのかも!?

 

また、お互いに感じたことを言い合えるのも大きなメリット。

 

「来年から、この学生になるかもしれない」という視点で一緒に感想を言い合えるので、一人で参加したり保護者と語り合うのとは、また違った発見があるみたい。

 

さらに、志望校が同じ友達とオープンキャンパスに参加したという人からは、 ・「合格するために一緒に頑張ろうと思えた!」(高3女子・福岡) と、辛い受験期を乗り切るためのモチベーションになったという意見も!

相手が見たい場所に付き合ったり付き合ってもらったり…何かと気を使う

ただ、友達と一緒だからこその「デメリット」もあるようで…。 ・「あまりまじめに見ることができなかった」(高2女子・兵庫)

 

・「友達が行きたい学部も回らなくてはならない」(高1女子・東京)

 

・「個別相談に友達を付き合わせてしまって悪いなと思った」(高3女子・東京)

 

・「自分だけ模擬授業を受けることになって申し訳なかった」(高3女子・福岡)

友達と一緒だと楽しくて、つい遊び感覚になってしまったという人も。

 

親と?友達と?一人で?目的別オープンキャンパス同伴者ガイド【一人編】
1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。