体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『リル・ボート2』リル・ヨッティ(Mixtape Review)

『リル・ボート2』リル・ヨッティ(Mixtape Review)

 米ジョージア州アトランタ出身、カラフルなビジュアルに目を奪われる、インパクト抜群のラッパー=リル・ヨッティ。“リル”といっても身長は183cmもあるようで、20歳には到底見えない(?)貫禄など色んな意味でツッコミ処満載だが、昨今のヒップホップ・シーンを代表するアーティストの1人であることは間違いない。

 その名を知らしめたのは、2016年夏に全米最高5位をマークした、D.R.A.M.(ドラム)の「ブロッコリー」。この曲と酷似したカイルの「アイスパイ」(最高位4位)も大ヒットし、以降カルヴィン・ハリスやポスト・マローン等、人気アーティストの楽曲にフィーチャーされ、2017年5月に発表したデビュー・アルバム『ティーンエイジ・エモーションズ』は全米5位(R&B4位、ラップ・チャート3位)のヒットを記録した。

 本作『リル・ボート2』は、そのデビュー作からわずか10か月でリリースされた2作目のミックステープ。同名のミックステープ『リル・ボート』が丁度1年前の2017年3月9日に発売されているので、その続編ということになる。前作にも参加したミーゴスのクエヴォやオフセットはじめ、リル・ポンプ、2チェインズ、PnBロック、アグリー・ゴッド、ティー・グリズリー等がフィーチャリング・ゲストとして参加。プロデューサーは、サウスサイドや30・Roc、デジタル・ナズ、ピエール・ボーン等おなじみの面々がクレジットされている。

 評価とレビューを集積するウェブサイト「メタクリティック」では52点と低く、“ラップシーンの格下げ”など辛口で批評されているが、好き嫌いは別として、個人的には言うほど駄作か?という印象をもつ。例えば、“ブーッ!”と叫び続ける「Boom」、バックサウンドを使わず、ラップというか語り調で展開する「Oops」、コード進行やリズムを無視した「Count Me In」、こもった声でボソボソと不気味にラップする「Whole Lotta Guap」、半音ずつズレていくミステリアスな「Mickey」などなど……超個性的なナンバーは、リル・ヨッティにしかできない業。緊張感のある「Pop Out」や、爆発音鳴り響く「NBA YoungBoat」といった危なっかしさも、彼らしい在り方。

 一方、不気味な不協和音が鳴り響く「Das Cap」や、独特のビートに乗せてラップする「Get Money Bros」、ミーゴスまんまの「Flex」や「Talk to Me Nice」などお得意のトラップから、ラップと歌を混合させた「Self-Made」や「She Ready」、ファルセットでで歌う「Love Me Forever」、ラストを飾るに相応しい「66」など、ドレイク~ポスト・マローン直結のメロウは若干退屈。リル・ポンプ、オフセットの3が入れ替わる「Baby Daddy」も悪くないんだけど……「最近、こんな曲売れてたよね」と言いたくなる、二番煎じ感は否めない。

 総合的にみれば悪い作品ではないが、どうせならもっと個性を活かして、ヤラかしちゃっても良かったのにな、というのが残念なところ。まだ20歳なんだしね。多様性の受け入れを意味した、様々な人種に囲まれて写る前作のアートとは対照的に、 赤味がかった夕日の海で黄昏る、面白味に欠けるジャケットも、「もう落ち着いちゃったの?」と突っ込みたくなる。

◎リリース情報
『リル・ボート2』
リル・ヨッティ
2018/3/9 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

ミーゴズ/ミーク・ミル/リル・ヨッティら参加、『スティル・ストライビング』エイサップ・ファーグ(Album Review)
“多様性の受け入れ”がサウンドにも表れた完成度の高いデビューAL / 『ティーンエイジ・エモーションズ』リル・ヨッティ(Album Review)
リル・ヨッティ、最新作アートワークのメッセージ性について語る「10代の生活のあらゆる側面を入れたかった」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。