体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「書けない」が劇的に改善する“たった1つ”の方法――山口拓朗の『そもそも文章ってどう書けばいいんですか?』

得意先に電話をしたら「その内容をメールでもいただけますか?」と言われた。上司に企画のアイデアを出したら「そのアイデアをA4一枚の企画書にまとめといて」と言われた。以前までは口約束が慣習化していたが「文面として残っていないのはマズイだろう」と、最近は書面でやりとりするようになった。

あなたも似たような経験をしたことがあるのではないでしょうか。このように、近年、文章で情報のやり取りをしたり、コミュニケーションを図ったりする機会が増えてきました。「文章に残すこと」や「文章で伝えること」の重要性が高まってきたのです。そんな“文章による見える化時代”のなかで、次のような悩みをもつ人が少なくありません。

・「文章を書くことがストレスです」

・「文章を書くことが苦手です」

・「文章を書くのに時間がかかりまくります」

・「支離滅裂な文章を書いてしまいます」

・「『この文章はどういう意味だ?』と上司に怒られます」

・「そもそも頭のなかにあることを、文章にすることができません」

このような悩みを抱えている人たちにとって一筋の光明となるのが、新刊『そもそも文章ってどう書けばいいんですか?』が話題を呼んでいる山口拓朗さんがお届けする短期連載です。報告書からメール、企画書、ブログまで、これまでの学校教育で“教わっていそうでいて、実は教わっていない「文章作成の基本」”を学んでいただきます。第2回となる今回のテーマは「情報収集」です。

「書けない」最大の原因は何か?

f:id:k_kushida:20180313101405j:plain

前回、「文章作成」とは「書く」という作業だけではなく、以下の4ステップで成り立っていることをお伝えしました。

【文章作成の4ステップ】

ステップ1:情報を集める

ステップ2:書く前の準備をする

ステップ3:文章を書く

ステップ4:書いた文章を推敲・修正する

なかでも、私たちが疎かにしがちなのがステップ1の「情報を集める」です。

文章作成は料理に似ています。素材がない状態で料理を作ることができないのと同じように、文章も素材がなければ作ることはできません。料理であれば、素材を求めてスーパーに行く人がほとんどでしょうが、文章の場合、なぜか多くの人が、素材を集めに行こうとしません。素材のない状態で書き始めようとするのです。これでは書けないのもムリはありません。

自分に質問をして「主観情報」を集めよう!

「文章が書けない状態」から抜け出すための方法は、ずばり「情報収集」です。情報には、大きく2種類あります。ひとつは、自分のなかにある「主観情報」で、もうひとつが、自分以外のところ(周辺)にある「客観情報」です。文章を作るときには、「主観情報」と「客観情報」のどちらか一方ではなく、どちらも必要です。

【おもな主観情報】

・自分の体験

・自分の考え・意見

・自分の感想

・自分の主張

・自分のアイデア

自分のなかにある情報だからといって、いつでも簡単に取り出せるかといえば、そうとも限りません。自分のなかにある情報は、曖昧模糊とした“情報の芽”であることが少なくありません。考えにしろ、意見にしろ、感想にしろ、自分のなかで “まだ花開いていない(=明確化していない)”情報が少なくないのです。

そうした“情報の芽”を花開かせるためのツールが「自問自答」です。「このプランについての自分の意見は何か?」「このプロジェクトを加速させるために有効なアイデアは何かないか?」「今回、自分が提案すべきことは何だろう?」という具合に、そのつど自分に質問をぶつけて、答えを導き出していきます。自問自答をくり返すことによって、花開いた「主観情報」が手元にそろうのです。

「客観情報」は足で稼ごう!

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。