体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2018】東海の「桜絶景」42選。名所や見頃、グルメ、ライトアップ情報も

国宝犬山城

だんだん暖かくなり、春はもうすぐそこ!

春気分を一気に高めてくれるのが桜の景色です。

今回は東海エリアの人気桜名所をご紹介。

名古屋城や鶴舞公園など、花見のメッカから、なばなの里やはままつフラワーパークなどのテーマパークまで全42スポット!

2018年春。お気に入りの桜を探してこの春出かけてみてくださいね!

記事配信:じゃらんニュース

<目次>

■愛知県の桜スポット

■岐阜県の桜スポット

■三重県の桜スポット

■静岡県の桜スポット

1. 岡崎城&岡崎公園【愛知県岡崎市】

お城の下で昼夜の宴桜。

岡崎城 岡崎公園

■見頃/3月下旬~4月上旬

■本数/約800本

■ライトアップ/3月29日~4月13日(予定※18時~22時)※開花状況により変更の場合あり

■桜祭り/3月29日~4月13日「岡崎の桜まつり」

徳川家康の生誕地で、天下統一への拠点となった名城。

明治の廃城令の後、1880年頃から桜の植樹がはじまり、今では公園内や乙川・伊賀川の河川敷に約800本の桜が一斉に咲く名所として知られています。

岡崎城下の桜の魅力は、とにかく賑やかなこと。

園内や河川敷におよそ150軒の屋台が並び、好きなものを買い込んで川べりで過ごすのが定番。

また夜になると、桜も城も屋台もライトアップされて、宴は夜な夜な続きます。

渋滞回避のコツ

2路線利用できる鉄道が便利。

東岡崎から公園までの間、乙川河川敷の桜の下を歩けます。 岡崎城&岡崎公園

TEL/0564-23-6384(岡崎市観光推進課)

ほか、臨時700台

住所/岡崎市康生町(岡崎公園)

営業時間/岡崎城:9時~17時

料金/中学生以上200円、5歳~小学生100円

アクセス/電車:名鉄東岡崎駅または愛知環状鉄道中岡崎駅より徒歩15分

車:東名岡崎ICより10分

駐車場/150台(30分100円)

「岡崎城&岡崎公園」の詳細はこちら

2. 国宝犬山城【愛知県犬山市】

桜の雲に浮かぶように。犬山のシンボル的存在。

国宝犬山城本丸には、もうせんを敷いたベンチがあり、来場者がのんびり過ごせるように

■見頃/3月下旬~4月上旬

■本数/40本

■ライトアップ/なし

■桜祭り/4月7日・8日「犬山祭」

1537年に築城し、天守が現存する日本最古の様式は犬山のシンボル。

本丸には桜の木が多く植えられ、天守を見上げると桜の雲の上に城が浮かんでいるように見えます。

これはこの時季にしか見られない華やかな景色。

また、木曽川河畔の桜並木から見あげる天守も美しいですよ。 国宝犬山城

TEL/0568-61-1711

住所/犬山市犬山北古券65-2

営業時間/9時~17時(最終入場16時30分)

料金/入場料大人550円、小・中学生110円

駐車場/犬山城第1駐車場140台(1回500円)

「国宝犬山城」の詳細はこちら

3.木曽川河畔

桜に手が届きそう!人力車に乗って散策。

木曽川河畔人力車の受付は「珈琲工房貴船」付近で行っています木曽川河畔船上から見る桜は風情があります木曽川河畔からくり人形を備えた車山と桜のコラボ。春の犬山の風景
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。