体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

70歳の女性が踊りだす! 電撃ネットワーク、オーストラリアでのショー

70歳の女性が踊りだす! 電撃ネットワーク、オーストラリアでのショー
J-WAVEで放送中の番組「ANA WORLD AIR CURRENT」(ナビゲーター:葉加瀬太郎)。3月10日(土)のオンエアでは、電撃ネットワークのリーダー・南部虎弾さんがゲストに登場。海外では「TOKYO SHOCK BOYS」と名乗る彼らの、オーストラリアでの活動を伺いました。

■オーストラリアは「笑い」への意識が高い

南部:自分たちが海外でショーをやって、あんなに受け入れられたのは初めてなんですよ。
葉加瀬:相性がいいのかしら?
南部:たぶん、ひとつの理由は、オーストラリアの人たちがハッピーだからだと思うんですよ。アメリカだと、車と車がぶつかったときに絶対に「ソーリー」なんか言っちゃいけないわけじゃないですか。自分が悪いって認めてしまうわけですから、「どっちが悪い」ってことで、「賠償金がいくら」ってなってしまう。でも、オーストラリアという国は、すぐに「ソーリー」って言うんですよ。
葉加瀬:へえー。
南部:自分たちがショーをやっているときに、70歳くらいのおばあちゃんが来て、勝手に踊りだすんですよ。日本じゃあんまり見かけない光景なんです。オーストラリアという場所は、コメディフェスティバルというのがあって。コメディや「笑う」ということに対する意識が強いんです。

最初にショーをしたのは91年。小さなレストランでのショーでしたが、次回にはオペラハウスになるほど、人が集まったそうです。

海外では「TOKYO SHOCK BOYS」という名前で活動している電撃ネットワーク。名付け親はデーブ・スペクター。「わかりやすいですよね。そのおかげもあって、オーストラリアには10回くらい行ってます」と南部さんは語りました。

その他、オーストラリアの好きな街や、日本にはない「ギャンブル」の話題など、トークが盛り上がりました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ANA WORLD AIR CURREN」
放送日時:土曜 19時−19時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/worldaircurrent/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。