体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スキマスイッチ、本日3/14発売ニューアルバムからリード曲「未来花」ミュージックビデオ公開

スキマスイッチ、本日3/14発売ニューアルバムからリード曲「未来花」ミュージックビデオ公開

 スキマスイッチが、本日3月14日発売のニューアルバム『新空間アルゴリズム』より、リード曲「未来花(ミライカ)」のミュージックビデオを公開した(https://youtu.be/vX_BCXukYww)。

 「未来花(ミライカ) 」は、生まれたときに願いを込めて名づけられる「名前」をテーマに、<名前を呼ぶ>という愛情表現の深さを歌ったストレートなラブソング。サウンドは、スキマスイッチの最大であり最小の形態でもある、大橋卓弥のボーカルと常田真太郎のピアノだけでシンプルに構成され、それゆえに歌詞がストレートに響くスキマスイッチの新たな名曲とSNSを中心に大きな反響を呼んでいる。

 ミュージックビデオの撮影は千葉の郊外にある木造家屋を6日間に貸し切って行われ、トータル撮影時間はなんと100時間超え、歌唱シーンとタイムラプス機能を使って50種類を超える様々な品種の花の開花から枯れていく様を映像に収めた力作。「未来花(ミライカ)」で歌われる人間の一生の歩みを、花の成長にシンクロさせて表現し、ミュージックビデオ後半で「逆再生されて蘇った一輪の白いアネモネ」を大橋卓弥が拾い上げるシーンで、「白いアネモネ」の花言葉である「希望」と、「未来花(ミライカ) 」に込められた愛と希望のメッセージが見事に重なり合う。タイムラプス機能による花の映像美、そしてスキマスイッチの胸を打つ歌唱シーンに注目だ。

 また、ミュージックビデオだけでなく、「未来花(ミライカ)」にちなんで「スキマの花屋」企画もスタート。日々の生活のいろんな「スキマ」を彩る「花」を届けるというコンセプトの特設ページが公開された。

◎リリース情報
New Album『新空間アルゴリズム』
2018/3/14 RELEASE
<初回限定盤>CD+DVD
UMCA-19056 3,700円(tax out)
<通常盤>CD
UMCA-10056 2,950円(tax out)
<収録曲>
M1.リチェルカ
M2.LINE(shinku-kan mix)
M3.パーリー!パーリー!
M4.ミスランドリー
M5.Revival
M6.未来花  ※ルビ付きが正式表記
M7.ミスターカイト(shinku-kan mix)
M8.Baby good sleep
M9.さよならエスケープ
M10.リアライズ

関連記事リンク(外部サイト)

スキマスイッチ、FM802「Chillin’ Sunday」公開収録にゲスト出演が決定
スキマスイッチ、新曲「未来花」ラジオ初解禁&歌詞も公開に「歌詞のテーマは“名前を呼ぶ”」
スキマスイッチ 15周年“新たなる旅立ちへ” NEWビジュアル&新AL『新空間アルゴリズム』収録曲発表も

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。