体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スーツやネクタイはいったん“封印”ーー郷に入っては郷に従う“企業間留学”とは?

本業のかたわら行う「副業」や、いくつかの仕事を同時並行する「複業」が話題となる中、いまの会社や仕事に不満はなくても「一度別の企業で働いてみたい」と感じているビジネスパーソンは少なくないでしょう。従来、フルタイムでそうした経験をするには関連企業への出向や転籍の対象者に選ばれるか、自分で転職して所属を変える決断が必要でした。しかしここへ来て登場したのが、希望する若手社員を期間限定で他社へ送り出す「レンタル移籍」の制度。「パワフルなスタートアップの姿勢を学んできてほしい」といった狙いから、大企業を中心に広まりつつあるようです。情報セキュリティー会社のトレンドマイクロ株式会社(東京都渋谷区)に新卒入社5年目の27歳・中村俊一さんは地域特化型のSNSサービス「PIAZZA」を運営するベンチャー、PIAZZA株式会社(東京都中央区)に2017年5月から半年間勤務。そこで得たものについて、今回レンタル移籍をコーディネートした株式会社ローンディール(東京都世田谷区)の原田未来社長(下写真)が聞きました。

f:id:fujimine:20180223160454j:plain

企業間の「レンタル移籍」とは?

もとの企業に在籍したまま、期間を定めて他社で働く仕組み。働く本人が豊富な経験を積めるほか、送り出す企業は社員に多様なキャリアの選択肢を用意でき、受け入れる企業は即戦力の人材を迎えられるメリットがある。現在は、大企業からベンチャー企業へ移籍するケースが多い。

もとの職場から離れずに“対極の仕事”

原田社長:中村さんがレンタル移籍の話を上司から打診されたのは、去年(2017年)の年明けごろでしたね。「半年間、ほかの会社で働ける」と聞いて最初にどう思いましたか。

中村さん:トレンドマイクロは中途採用の多い会社で、いったん転職した方の再入社も珍しくありません。まわりの雰囲気がオープンなこともあり、しばらく別の職場で働いてみるという選択に、あまり戸惑いは感じませんでした。私自身は転職を考えたことがなかったので、いまの勤務先から離れてしまわないかたちで新しい経験ができるレンタル移籍は、とても魅力的な仕組みだと感じました。

原田社長:中村さんは大学時代文系で、入社してからは技術系の仕事が多いですよね。

中村さん:はい。2013年に今の会社に入り、企業のITインフラのセキュリティー対策を行うエンジニアを3年ほど経験した後、現在は顧客企業からの技術的な問い合わせに対応するプリセールス(技術営業)を担当しています。何かひとつの職種を究めたいというよりは「経験してこなかった仕事にも積極的にチャレンジしたい」という気持ちが強いタイプだと思います。

原田社長:移籍先のポストが多くのベンチャーから、業種も職種も豊富に挙がっている中で「地域密着型のローカルSNSを広めていく外勤営業」を選んだのはなぜですか。

中村さん:社外の方とコミュニケーションをとる共通点はありますが、技術的な問い合わせに答えるプリセールスと、こちらから出向いてサービスを広めていく外勤営業は、ほとんど対極のような仕事です。なので、そのぶん大きな経験値を積めると考えて選びました。あとは事前の面接で、「会社の雰囲気が自分に合いそう」と安心できたのも理由です。

「自由にやって」と言われて試行錯誤

原田社長:ここまでのキャリアを踏まえ、さらに新しい経験を積んでいくための選択だったのですね。「外部で得たものを職場に還元できる人」という信用があったからこそ、中村さんに声がかかったのでしょう。実際にPIAZZAに行って働いてみて、どうでしたか。

中村さん:グループ全体で5,000人以上いる企業から、10人に満たない規模の会社に来てすぐ気づいたのは、仕事の進め方がまったく違うことでした。私の上司になった矢野晃平さんはPIAZZAの社長で、ご自身も多忙。私には「アプリの認知拡大を、自由なやり方で、好きなようにやってほしい」と、営業活動をいきなり全部任せてくれました。細かく管理されるのではなく、何でも自分で考えてやっていくという環境は本当に新鮮でした。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。