体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「TOEICのスコアUP」と「英語力UP」を両立させる英語学習法<リーディング・文法編>

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)『TOEIC最強の根本対策』シリーズ(実務教育出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」についてお話しいただくこのコーナー。第15回目の今回は、「TOEIC(R)試験のスコアアップと英語力アップを両立させる学習法(リーディング・文法編)についてです。f:id:k_kushida:20180305092607j:plain

TOEICのPart 5(短文穴埋め問題)に関して、ただスコアだけを上げるのではなく、英語力のUPも両立させるための英語学習のやり方や、意識の持ち方について解説します。

前回は「リスニング編」として、リスニングセクションPart 1のサンプル問題に挑戦していただき、リスニング中に持つべき意識についてお伝えしました。今回は、リーディングセクションPart 5(短文穴埋め問題)に関して、どのように対策や学習をすればよいかについて解説します。

まずは模擬問題に挑戦

まずはサンプル問題を1問やってみましょう。空欄にふさわしい語句を(A)~(D)の中から選んでください。

問. Experts around the world —— the effects of long term exposure to radioactive fields on the human body.

(A) researches

(B) have researched

(C) had been researched

(D) researching

※サンプル問題は『イングリッシュ・ドクターのTOEIC L&Rテスト最強の根本対策 PART5』(実務教育出版)より引用

さて、いかがでしたでしょうか?(正解はのちほど)

解けたかどうかは結果論に過ぎない

「英語は苦手で、ワケが分からない」という人もいるでしょう。一応選べたが「自信はない」という人も、「これは簡単だ」と思えた人もいるでしょう。

もちろん、正しく解けたとしたら素晴らしいことではありますが、「問題を解けた」から「英語力がある」と短絡的には考えられないことをぜひ知っておいてください。

ここは大事なポイントですから、誤解のないように詳しく説明します。

「英語力がある」人であれば、正しく「問題を解く」ことができます。しかし、その逆は成り立たないかもしれません。「問題を解ける」からといって、必ずしも「英語力がある」「実力がある」証明にはならないのです。

その理由は、TOEICがとても質の高い試験だからです。良くできている試験だからこそ、問題で問われているポイントが明確になっています。上の例題であれば、問われているのは時制周りの理解――。正しく「問題を解ける」ことにより、「時制について(おそらく)理解している」ということが言えます。なお、「おそらく」という言葉がつく理由は、4択だからです。

※正解は(B)have researched

問題を解くことにフォーカスしていませんか?

さて、Part 5においては、英文法やボキャブラリーが問われます。長文を読まなければならないPart 6や7と比べると、対策が行ないやすいPartだと言えます。

ただし、どのような意識をもって学習を行なうかが、学習の成果に多大な影響を与える――ということをぜひ知っておいていただきたいのです。

多くの人が、問題を解き、解説を読む……という学習を行なっているでしょう。文法項目別になった問題集を解いている人もいるでしょう。たくさんの問題をひたすらに解くような対策をしている人もいるかもしれません。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。