体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ブラックパンサー』、公開26日目で世界興行収入10億ドルを突破!

『ブラックパンサー』、公開26日目で世界興行収入10億ドルを突破!

『ブラックパンサー』が先週末、公開4週目(日本公開日は3月1日)にして世界興行収入10億ドル(約1,068億円)を突破した。ライアン・クーグラーが監督を務めたブラックパンサーはわずか公開26日目で10億ドルの興行収入を達成。これは別にレースというわけではないが、過去にこのような早いペースで10億ドルに達した映画はわずか11作品しかない。3月12日の時点で、『ブラックパンサー』は世界で10億7,861万5,601ドル(約1,152億円)の興行収入を稼ぎ出し、まだ止まる所を知らない。

「Variety」によると、『ブラックパンサー』は、史上33番目に総計10億ドルを達成したとのことだ。ディズニー映画では16番目、そしてマーベル映画では『アベンジャーズ』、『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』、『アイアンマン3』、『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』に続く5番目だという。

「Quartz」が10億ドルを達成した映画のリストと達成期間について発表している。ブラックパンサーより上位のランキング結果は下記のとおり。

・『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(12日)
・『ジュラシック・ワールド』 (13日)
・『ワイルド・スピード SKY MISSION』(17日)
・『ワイルド・スピード ICE BREAK』(19日)
・『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(19日)
・『アバター』(19日)
・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(19日)
・『アベンジャーズ』(19日)
・『アイアンマン3』(22日)
・『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』(24日)
・『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』(24日)
・『ブラックパンサー』(26日)
(映画名と10億ドルまでの達成日数)

『ブラックパンサー』は29日目で10億ドルに達した『美女と野獣』をわずかに追い抜いた。『スター・ウォーズ フォースの覚醒』の12日という記録を打ち破るのはそう簡単ではなさそうだ。だがもしかしたら、4月27日に日本公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が5月初旬にも上記リストのトップに踊り出るかもしれない。楽しみに待つこととしよう。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ジョーカー単独映画で描かれるのは、80年代の落ちぶれたコメディアン!?
スーパーマン俳優ヘンリー・カヴィル、自分が死んだという誤った検索結果に反応
ジェニファー・ローレンスが親友エマ・ストーンを指さして笑う動画が話題に
マーク・ハミルがハリウッド殿堂入り!ハリソン・フォードら豪華『スター・ウォーズ』ファミリーがお祝いに駆け付ける
米ディズニーランド、建設中の新エリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」を収めたドローン映像を公開!

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。