体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

森三中・黒沢「ダウンタウン浜田さんの頭を掴んで揺らした」菅原小春も感心

森三中・黒沢「ダウンタウン浜田さんの頭を掴んで揺らした」菅原小春も感心
J-WAVEで放送中の番組「TDK SUGAR WATER」(ナビゲーター:菅原小春)。3月9日(金)のオンエアでは、前回に引き続き森三中・黒沢かずこさんをお招きし、踊りたい曲とそうではない曲の違いをはじめ、鋭い質問を菅原にぶつけました。

■菅原、ダンスではいつもサプライズを

まず黒沢さんから、「小春さんのダンスは、シルエットを見ただけでも『小春さんだ』と分かるけど、小春さん本人はどう思ってる? イメージがつきすぎてるって思う?」という質問が飛び出します。

菅原:自分の体型骨格も背丈も、他の人と違うってわかってるから、どうしても私になっちゃうんです。(中略)いつもと同じ自分でいたいとは思わないから、いつもサプライズを作っていけたらと思ってます。
黒沢:「この曲で踊ってください」と言われた曲と、自分が踊りたい曲の表現の仕方って違う?
菅原:まったく違う。曲を決められているとお仕事になっちゃう。そうすると、挑戦するよりも、考える時間のほうが多くなって、それって本来はダンスじゃないのかなと。(中略)自分が好きな曲のときは、好きなだけ肉付けしていくっていう感じ。

■スティービー・ワンダーと共演について

黒沢さんの質問は止まりません。

黒沢:TDKのCMで、スティービー・ワンダーと共演したときは、どんな気持ちで挑んだの?
菅原:頭がおかしくなるくらい練習しすぎて、すごい状態だったんです。フィーリングがよくない状態で、空港に行くときのタクシーで号泣して、本当におかしくなってました。(中略)スティービー・ワンダーに会ったときも、どうすればいいのかわからなくて、「今日で自分が終わってもいい」っていう気持ちでやって。何も覚えてない。
黒沢:でも、そのときでしかできないダンスをしたんだよね。

菅原の話を聞いて、黒沢さんは自身が「すごい」と思ったことを話し始めました。

黒沢:私、ダウンタウンの浜田さんの頭をつかんで、揺らしたことがあるの。今思えば「あのときの勢いって、すごいな」って思うし、「怒られなくてよかった」と思う。そのあと、すごく反省したけど、経験しておいてよかった。
菅原:その破壊力って、ほかの人は持ってないですよ。私は、“安心・安全”みたいな雰囲気が嫌で、黒沢さんの話を聞くとゾクゾクする。「やっていいんだな」って。

■菅原、踊るときの心境は?

菅原は「世の中ってこんなものかよ!」といった気持ちで踊ることが多いそう。

菅原:黒沢さんも、世の中に対してボイコットする感じだったんじゃ。
黒沢:確かに。すごく静かにしておいて、急に「パッ!」と出す自分が一時期、好きだった。自分に酔ってたのかな(笑)。「お前ら、そんな扱いしやがって。この野郎!」みたいな(笑)。
菅原:めちゃくちゃわかります!!

今週も、ふたりの濃厚な30分をお送りしました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「TDK SUGAR WATER」
放送日時:金曜 23時30分−24時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/sugarwater/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。